TE NEWS: ハイブリッド & E モビリティ ソリューション キットを発表

アセンブリ作成に必須のすべての部品をワンパッケージ化

公開

2020/07/17

メディアからの問い合わせ

タイコエレクトロニクスジャパン合同会社
ICT事業部 石川 正隆
044-844-8756
ishikawa.masataka@te.com
 

発注処理の効率化につながる高電圧端子およびソリューションキット

2020年7月17日 - 接続およびセンサの世界的なリーダーであるTE Connectivity (NYSE:TEL) の日本法人タイコ エレクトロニクスジャパン合同会社(本社:神奈川県川崎市)は本日、高電圧端子およびコネクタの購入が簡単にできる新しいキットを発表しました。このキットを利用することにより、設計エンジニアの方々は今後、部品の欠落、難しいアセンブリ、または注文数量確定の心配が不要になります。この新しい「ハイブリッド & E モビリティ ソリューション キット」は、注文作業を簡素化できるように用意されたパッケージで、アセンブリの作成に必要なTEの信頼のおける部品がすべて入っています。

 

このキットは、AMP+ HVA 280、AMP+ HVA 630、AMP+ HVP 800、AMP+ HVP 1100、AMP+ IPT ソリューションで利用でき、高電圧、ハイブリッドおよびEモビリティ向け用途での使用に最適です。

 

TEのプロダクトマネージャーであるMike Brenner(マイク・ブレナー)氏は次のように述べています。「お客様の注文作業とアセンブリ工程の簡素化にお役に立つべく、私たちはこの高電圧端子およびコネクタのキットを提供しました。ハイブリッドおよびEモビリティソリューションキットは、設計エンジニアの方々に、アセンブリに必要な、信頼のおけるあらゆるTEの部品を1つのパッケージで提供するものです。このキットを利用すると、部品の欠落を心配したり、注文数の確定で煩わしい思いをしたりする必要がなくなります。」

 

AMP+ HVA 280は、接触保護構造を持つ 2 極または 3 極の低中電流コネクタおよびヘッダです。ハイブリッド車と電気自動車のさまざまなデバイス用途に必要な各種オプションが用意され、柔軟性が確保できるように設計されています。このAMP+ HVA 280製品ファミリは多芯線、または独立シールド線に使用できます。業種に固有な個別のヘッダ設計が採用されているため、実装および製造の効率が向上するほか、2段階のフローティングラッチにより、システムの安全性が確保されています。このコネクタシステムには、複数のラッチオプションと統合型内部HVILが用意され、パッケージサイズの最適化と取り回しの柔軟性が実現されています。

 

AMP+ HVA 630は、接触保護構造を持つ2極、3極、4極および5極の低中電流コネクタおよびヘッダです。AK 4.3.3、LV215-1仕様に適合し、CPA(コネクタ位置保証)を実現するように設計されています。140°Cで最大40Aの電流伝送容量があり、4~6mm2の多芯ワイヤ許容範囲に対応したこのAMP+コネクタおよびヘッダは、多くのEVデバイス用途に使用できます。シールドおよびシールされた2極コネクタは、高電圧オンボード充電器で高い性能を発揮できるように設計されています。5極コネクタは、最大限の充電容量を実現するために、最大で32Aまでの三相充電電流に対応しています。レバー制御により、必要な嵌合力は 70N未満で済みます。また、統合型内部 HVILによってパッケージ サイズが最適化されています。

 

AMP+HVP 800キットは、接触保護構造を持つ1極、2極または3極の低中電流コネクタおよびヘッダで、AK 4.3.3、LV215-1仕様に適合するように設計されています。このAMP+大電流コネクタおよびヘッダは、85°Cで最大200Aの電流伝送容量(ワイヤ断面積に依存)があり、十分な温度範囲と広範なワイヤ許容範囲を備えているため、さまざまなEV用途に使用できます。統合型内部HVILと複数のラッチ取り回しオプションにより、パッケージ サイズの最適化と柔軟性が実現されています。低挿入力用のレバー操作により、組み立ては容易です。

AMP+ HVA 1100は、指が触れにくい接触保護構造を持つ 1極の低中電流コネクタおよびヘッダであり、ハイブリッド車と電気自動車のさまざまなデバイス用途に必要な各種オプションを用意し、柔軟性を実現するように設計されています。85°Cで最大300Aの電流伝送容量があり、70mm2の個別シールド線に対応したTEのAMP+ HVP 1100は、多くの高電圧用途に使用できます。このシステムは、パッケージ サイズを最適化するために統合型内部 HVILを備えています。

 

最後に、TEのAMP+ IPTシールドリングトングを使用すると、内部パワー端子(IPT)をさまざまな用途向けに、簡単かつ柔軟に適応できます。IPTには1極、2極、3極のハウジングが用意されています。電源用付属品は、360° EMCシールド性能およびワイヤツーデバイス機能を備えています。ねじ込み式のリングトングは、お客様のニーズに応じて、さまざまな長さのケーブルに適用できます。

TE について

TE Connectivityは、様々な産業において世界を牽引する年間売上130憶米ドルのインダストリアル・テクノロジーリーダーです。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、広範囲の分野にまたがり、過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界約150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です。

詳細を表示