TE 新製品: 124 極 Sliver コネクタおよびケーブル アセンブリ製品

124 極 Sliver コネクタおよびケーブル アセンブリ製品

新しいソリューションによって 2 つの別々のコネクタが不要になり、複数のプロトコルに対応

「TE の新しい 124 極 Sliver コネクタおよびケーブル アセンブリ製品により、システム設計者は、さまざまな高速規約に対応しながら、市場で知られている 2 つのソリューションを 1 つに統合することにより、その設計を合理化することができます。」と、TE Connectivity の製品マネージャである Lucas Benson は述べています。

September 13, 2018

接続およびセンサ ソリューションの世界的リーダーである TE Connectivity (TE) は本日、新しい 124 極 Sliver 内部 I/O コネクタおよびケーブル アセンブリ製品を発表しました。この製品は、最大 20 倍の信号伝送レーンまたは 40 の差動対ケーブルが使用でき、高密度ソリューションを実現します。124 極 Sliver コネクタは、現在 PCIe の Gen 4 および Gen 5、Ethernet 56G、および SAS-5 をサポートしています。ケーブル アセンブリは、現在 PCIe の Gen 4 をサポートしており、PCIe の Gen 5、Ethernet 56G、および SAS-5 へのアップグレードも可能です。新しい 124 極ソリューションは、50 極コネクタと 74 極コネクタを別々に使用する代わりに、これ一つで使用可能です。これにより、必要な相互接続の数を減らし、以前よりも効率のよいケーブル管理が可能になります。

 

ソリューションの G-S-S-G 開放ピンフィールド構成により、設計者は 20 レーンの中で柔軟なピン定義が行えます。これらの製品では、x16 PCIe プロトコルに加えて、追加のサイドバンド信号または低消費電力を実行できます。さらに、ガイド レールが組み込まれた TE の 124 極 Sliver コネクタは、市販の他の製品よりも堅牢であり、プラグ上にプルタブを、リセプタクル上に調整機能を備えた唯一のミッドボード銅製品です。これにより、プラグ上のラッチ ボタンを指で押すためのスペースが限られている場合でも、ブラインド メイトおよびケーブルの嵌合解除が可能になります。

 

「TE の新しい 124 極 Sliver コネクタおよびケーブル アセンブリ製品により、システム設計者は、さまざまな高速規約に対応しながら、市場で知られている 2 つのソリューションを 1 つに統合することにより、その設計を合理化することができます。これらの製品により、ケーブル管理を簡素化でき、その革新的な嵌合機能によって有益な接続と使い勝手の向上を実現できます。」と、TE Connectivity の製品マネージャである Lucas Benson は述べています。

 

TE の新しい 124 極 Sliver コネクタおよびケーブル アセンブリ製品の詳細については、ここをクリックしてください。

 

TE について

TE Connectivityは、様々な産業において世界を牽引する年間売上130憶米ドルのインダストリアル・テクノロジーリーダーです。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、広範囲の分野にまたがり、過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界約150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です。

詳細を表示