Katherine Shank
Katherine Shank
お客様の問題を解決します。

アプライアンス事業部門シニア品質マネージャの Katherine Shank は、常に新たな挑戦を待ち受けています。 大学卒業後 Kathy は、TE の プラスチック製造ローテーション プログラムに参加し、2 年 3 か月で 6 つの異なる任務を体験しました。このときに体験した充実感と TE 全般について、Kathy は「継続的な職業的成長の機会がある TE で働きたくなりました」と述べています。

市場の最新動向をつかみ、TE のアプライアンス部門でさらに活躍するため、米国プラスチック技術者協会や米国品質管理協会 (ASQ) などの職能団体に関与しています。また、社内研修制度やネットワーキング イベントにも積極的で、現在 Americas WIN ハリスバーグ支部職業開発委員会の共同議長を務めています。

1

TE での実績で最も自慢できる点は何ですか?

アプライアンス部門がこれまで達成してきた全体的な品質の高さです。お客様アンケート調査によると、カストマー ケア、フィールド サポート、品質が上位に挙がっています。昨年は前年比 20% の品質向上を達成しました。Six Sigma や Kaizan イベントなどの品質ツールを活用したことが、従業員の育成や指導とともに、アプライアンス部門の成功に寄与したと思います。 

2

どのようなことが意欲の源になりますか?

多様性と機会です。つまり、異なる文化や国の人たちと協力し合うという点での多様性と、職業的成長としての機会です。

TE では主に製造エンジニアリング、製品エンジニアリング、品質エンジニアリングの分野でキャリアを積んできましたが、それでも需要管理やエンジニアリング トレーニング カリキュラムの作成といったさまざまな職務も経験しました。
 

3

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

高校では化学の授業が大好きだったので、それから化学工学の学位を目指すようになりました。以前から、特に応用数学や応用科学の難問を解くのが好きでした。技術的知識に自信があり、クリティカルな問題の解決が得意です。父に相談してみて、エンジニアリングの分野が自分に一番合っていると思いました。今でも、特にグローバルな環境で、製造部門とカストマー サービスの架け橋となるような職務に魅力を感じています。 

4

お客様は時間とお金を節約できる製品を求めています。そうした傾向に対してチームでどのような取り組みをしていますか?

完璧な製品とは、お客様のニーズを満たし、納期通りに納品され、コスト目標を達成する製品です。

ですから、まずお客様のニーズを明らかにします。TE のプロセスが品の高い部品を必ず生み出すようにし、起り得る問題を予想して積極的に対応します。
 

5

どのような方法で、市場トレンドに基づいた成功を収めるソリューションを作り出すのですか?

TE のアプライアンス製品は、安全性と信頼性の要件を満たす必要があります。現に当社の製品の多くは、消費者向け家庭製品の規格である UL-94 CSA に認可されています。当社の製品が効果的に作動することを保証するため、お客様特有の要件に基づいて、さまざまな用途に製品を合わせるサービスも行います。 

完璧な製品とは、お客様のニーズを満たし、納期通りに納品され、コスト目標を達成する製品です。
Katherine Shank,
品質管理マネージャ
Katherine Shank
Katherine Shank
お客様の問題を解決します。

アプライアンス事業部門シニア品質マネージャの Katherine Shank は、常に新たな挑戦を待ち受けています。 大学卒業後 Kathy は、TE の プラスチック製造ローテーション プログラムに参加し、2 年 3 か月で 6 つの異なる任務を体験しました。このときに体験した充実感と TE 全般について、Kathy は「継続的な職業的成長の機会がある TE で働きたくなりました」と述べています。

市場の最新動向をつかみ、TE のアプライアンス部門でさらに活躍するため、米国プラスチック技術者協会や米国品質管理協会 (ASQ) などの職能団体に関与しています。また、社内研修制度やネットワーキング イベントにも積極的で、現在 Americas WIN ハリスバーグ支部職業開発委員会の共同議長を務めています。

1

TE での実績で最も自慢できる点は何ですか?

アプライアンス部門がこれまで達成してきた全体的な品質の高さです。お客様アンケート調査によると、カストマー ケア、フィールド サポート、品質が上位に挙がっています。昨年は前年比 20% の品質向上を達成しました。Six Sigma や Kaizan イベントなどの品質ツールを活用したことが、従業員の育成や指導とともに、アプライアンス部門の成功に寄与したと思います。 

2

どのようなことが意欲の源になりますか?

多様性と機会です。つまり、異なる文化や国の人たちと協力し合うという点での多様性と、職業的成長としての機会です。

TE では主に製造エンジニアリング、製品エンジニアリング、品質エンジニアリングの分野でキャリアを積んできましたが、それでも需要管理やエンジニアリング トレーニング カリキュラムの作成といったさまざまな職務も経験しました。
 

3

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

高校では化学の授業が大好きだったので、それから化学工学の学位を目指すようになりました。以前から、特に応用数学や応用科学の難問を解くのが好きでした。技術的知識に自信があり、クリティカルな問題の解決が得意です。父に相談してみて、エンジニアリングの分野が自分に一番合っていると思いました。今でも、特にグローバルな環境で、製造部門とカストマー サービスの架け橋となるような職務に魅力を感じています。 

4

お客様は時間とお金を節約できる製品を求めています。そうした傾向に対してチームでどのような取り組みをしていますか?

完璧な製品とは、お客様のニーズを満たし、納期通りに納品され、コスト目標を達成する製品です。

ですから、まずお客様のニーズを明らかにします。TE のプロセスが品の高い部品を必ず生み出すようにし、起り得る問題を予想して積極的に対応します。
 

5

どのような方法で、市場トレンドに基づいた成功を収めるソリューションを作り出すのですか?

TE のアプライアンス製品は、安全性と信頼性の要件を満たす必要があります。現に当社の製品の多くは、消費者向け家庭製品の規格である UL-94 CSA に認可されています。当社の製品が効果的に作動することを保証するため、お客様特有の要件に基づいて、さまざまな用途に製品を合わせるサービスも行います。 

完璧な製品とは、お客様のニーズを満たし、納期通りに納品され、コスト目標を達成する製品です。
Katherine Shank,
品質管理マネージャ