Vitaliy Epshteyn
Vitaliy Epshteyn
TE はお客様とのパートナーシップのもと、機会を特定し、製品の革新を推し進め、コストを削減し、患者ケアを改善させています。

TE がユニークなのは、当社の医療製品の大部分がカスタム製品であるという点です。 このためには、お客様のニーズを満たす最適なソリューションを実現するための設計および開発のプロセス全体において、多大な協調が必要となります。 当社のお客様は設計およびエンジニアリングを念頭に、プロセスの早い段階で対話を開始されます。その後、TE のエンジニアはお客様との協調のもと、プロセスのあらゆる段階でその協力を得ていくことができるのです。TE の営業チームも、お客様と協力しながら、エンジニアとアイデアや革新的手法をまとめていきます。 Vitaliy は 18 年以上に及ぶ経験の中で、エンジニアリングが医療用デバイス産業の改善に与えた影響を目の当たりにしてきました。「医療エンジニア達が及ぼしうる利益とは、彼らの仕事が人々を助け、場合によっては命をも救うということです。」

1

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

私の家族はみな技術分野での教育や業務に当たってきました。祖母と母はいずれも化学博士で、父は土木技師でした。私は製品の製作、プロセス、そして能力の高いチームでの仕事を楽しんでします。自分のチームが携わった開発プロジェクトで優れた成果が上がったことを目にすると非常にやりがいを感じます。医療分野のお客様向けに、人の命を救う役に立つ革新的なアイデアやソリューションを生み出せることが楽しいのです。

2

どのようにして医療分野に関心を持ったのですか?

私は化学エンジニアとして、業界で工学ポリマや、処理の難しいポリマからさまざまな形状を作成するプロセスについて、いくらかの興味深い経験を積んできました。この経験によって医療系の OEM である St. Jude Medical 社に採用され、ポリマ ベースのカテーテル装置を製造する製品やプロセスを設計することになりました。そして徐々に経験と技術を高めていく中で、研究開発部門のエンジニアリング チームを率いる機会を与えられたのです。

3

どのようにして医療分野に関心を持ったのですか?

私は化学エンジニアとして、業界で工学ポリマや、処理の難しいポリマからさまざまな形状を作成するプロセスについて、いくらかの興味深い経験を積んできました。この経験によって医療系の OEM である St. Jude Medical 社に採用され、ポリマ ベースのカテーテル装置を製造する製品やプロセスを設計することになりました。そして徐々に経験と技術を高めていく中で、研究開発部門のエンジニアリング チームを率いる機会を与えられたのです。

4

最近はどのようなプロジェクトに携わっていますか?

あるプロジェクトは統合カテーテル技術に関するもので、これはユニークな方法により数百本もの電動ワイヤを人の毛髪ほどの大きさのカテーテル チューブの壁に埋め込むものです。もう 1 つはビデオ内視鏡検査製品で、これには高速のデータ転送が可能であると同時に、軽量で柔軟かつ過酷な滅菌環境にも耐えられるインターコネクトが必要になっています。 

5

TE が競合から抜きん出ている理由は何だと思いますか?

用途に関する知識の深さです。これにより設計を最適化し、ユニークな技術的機能を開発することが可能になっています。さらに、ニーズを予期しつつプロセスを合理化するという、TE の敏捷性もあげることができます。この両者によって、お客様が困難な問題やきついスケジュールに直面しているとき、堅牢なソリューションで迅速に対応することが可能になっているのです。

6

TE で働こうと思ったきっかけは何ですか?

TE は研究開発に多大な投資を行っている素晴らしい企業です。TE の成長は新製品の導入によって支えられているため、エンジニアリング リーダとして働くには素晴らしい環境といえます。TE Medical は特に、製品への要件がますます厳しくなる中で革新を行っていくための素晴らしい機会を与えてくれます。昨今では、デバイスを小型化すると同時に機能を高めるということがマクロトレンドとなっています。TE には自社の OEM 顧客のためこのトレンドを促進する優れた技術があります。さらに他の事業部門や企業技術との効果的な連携により、競合他社にはない能力の幅が備わっているのです。

7

TE について、最も自信を持てる点はどのようなことですか?

特に医療用デバイスの分野内における、お客様との協調ですね。設計段階の早期から、エンジニアリング目標を念頭に置いた対話が開始されます。私たちは当社のエンジニアと顧客企業のエンジニアとを結びつけ、当社のチームはプロセスの各部分で作業に携わっていきます。お客様とは継続的な対話を行いつつ、製品面から機会やお客様のニーズを探っていきます。 

Vitaliy Epshteyn
Vitaliy Epshteyn
TE はお客様とのパートナーシップのもと、機会を特定し、製品の革新を推し進め、コストを削減し、患者ケアを改善させています。

TE がユニークなのは、当社の医療製品の大部分がカスタム製品であるという点です。 このためには、お客様のニーズを満たす最適なソリューションを実現するための設計および開発のプロセス全体において、多大な協調が必要となります。 当社のお客様は設計およびエンジニアリングを念頭に、プロセスの早い段階で対話を開始されます。その後、TE のエンジニアはお客様との協調のもと、プロセスのあらゆる段階でその協力を得ていくことができるのです。TE の営業チームも、お客様と協力しながら、エンジニアとアイデアや革新的手法をまとめていきます。 Vitaliy は 18 年以上に及ぶ経験の中で、エンジニアリングが医療用デバイス産業の改善に与えた影響を目の当たりにしてきました。「医療エンジニア達が及ぼしうる利益とは、彼らの仕事が人々を助け、場合によっては命をも救うということです。」

1

なぜエンジニアになろうと思ったのですか?

私の家族はみな技術分野での教育や業務に当たってきました。祖母と母はいずれも化学博士で、父は土木技師でした。私は製品の製作、プロセス、そして能力の高いチームでの仕事を楽しんでします。自分のチームが携わった開発プロジェクトで優れた成果が上がったことを目にすると非常にやりがいを感じます。医療分野のお客様向けに、人の命を救う役に立つ革新的なアイデアやソリューションを生み出せることが楽しいのです。

2

どのようにして医療分野に関心を持ったのですか?

私は化学エンジニアとして、業界で工学ポリマや、処理の難しいポリマからさまざまな形状を作成するプロセスについて、いくらかの興味深い経験を積んできました。この経験によって医療系の OEM である St. Jude Medical 社に採用され、ポリマ ベースのカテーテル装置を製造する製品やプロセスを設計することになりました。そして徐々に経験と技術を高めていく中で、研究開発部門のエンジニアリング チームを率いる機会を与えられたのです。

3

どのようにして医療分野に関心を持ったのですか?

私は化学エンジニアとして、業界で工学ポリマや、処理の難しいポリマからさまざまな形状を作成するプロセスについて、いくらかの興味深い経験を積んできました。この経験によって医療系の OEM である St. Jude Medical 社に採用され、ポリマ ベースのカテーテル装置を製造する製品やプロセスを設計することになりました。そして徐々に経験と技術を高めていく中で、研究開発部門のエンジニアリング チームを率いる機会を与えられたのです。

4

最近はどのようなプロジェクトに携わっていますか?

あるプロジェクトは統合カテーテル技術に関するもので、これはユニークな方法により数百本もの電動ワイヤを人の毛髪ほどの大きさのカテーテル チューブの壁に埋め込むものです。もう 1 つはビデオ内視鏡検査製品で、これには高速のデータ転送が可能であると同時に、軽量で柔軟かつ過酷な滅菌環境にも耐えられるインターコネクトが必要になっています。 

5

TE が競合から抜きん出ている理由は何だと思いますか?

用途に関する知識の深さです。これにより設計を最適化し、ユニークな技術的機能を開発することが可能になっています。さらに、ニーズを予期しつつプロセスを合理化するという、TE の敏捷性もあげることができます。この両者によって、お客様が困難な問題やきついスケジュールに直面しているとき、堅牢なソリューションで迅速に対応することが可能になっているのです。

6

TE で働こうと思ったきっかけは何ですか?

TE は研究開発に多大な投資を行っている素晴らしい企業です。TE の成長は新製品の導入によって支えられているため、エンジニアリング リーダとして働くには素晴らしい環境といえます。TE Medical は特に、製品への要件がますます厳しくなる中で革新を行っていくための素晴らしい機会を与えてくれます。昨今では、デバイスを小型化すると同時に機能を高めるということがマクロトレンドとなっています。TE には自社の OEM 顧客のためこのトレンドを促進する優れた技術があります。さらに他の事業部門や企業技術との効果的な連携により、競合他社にはない能力の幅が備わっているのです。

7

TE について、最も自信を持てる点はどのようなことですか?

特に医療用デバイスの分野内における、お客様との協調ですね。設計段階の早期から、エンジニアリング目標を念頭に置いた対話が開始されます。私たちは当社のエンジニアと顧客企業のエンジニアとを結びつけ、当社のチームはプロセスの各部分で作業に携わっていきます。お客様とは継続的な対話を行いつつ、製品面から機会やお客様のニーズを探っていきます。