Ken Koen
Ken Koen
医療用デバイスとチューブの進化に伴って、医療用デバイス業界におけるお客様の競合力を維持するために、私たちはもっと革新的になる必要があります。

医療用デバイスの小型化と高度化に伴って、エンジニアはもっと革新的になり、 新たな観点で問題を捉える必要があります。Kenneth Koen は自分の役割、特に TE の技術のリソースを自由に使える今の役割にやりがいを感じています。AdvancedCath Technologies (2015 年に TE と合併) の共同設立者であり、医療用デバイス業界における 26 年の経験を持ち、お客様のニーズと成功に導くための使命感を理解しています。また、医療用デバイス市場の進歩に深く感謝しています。マサチューセッツ州にある CR Bard でキャリアを開始し、その後まもなく医療用デバイスの新規参入企業が集まるカリフォルニア州北部に移りました。「そこには医療用デバイスのベンチャー投資金が集まっていました、これだと思いました。」 

1

ポートフォリオ マネージャとして最も好きな業務は何ですか?

ポートフォリオ マネージャとしての役割を通じて、複数の事業部門にまたがる業務の価値を学びました。オペレータからマネージャまで、新しいテクノロジに対する情熱を分かち合う、医療用デバイス市場の才能と意欲に満ちた大勢のプロフェッショナルに出会いました。自分の役割、特にさまざまな新しい技術と社内の事業部門をリソースとして使うことにやりがいを感じています。 

2

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

自分がエンジニア志望だと自覚したのは、高校時代でした。そのころ年上の友人がすでにプラスチック産業に従事していて、プラスチック樹脂がどのような形にも変形することに興味を持ちました。この好奇心が私のキャリアの原点です、最初の仕事はレーザー カテーテルの開発でした。その後、ある友人から射出形成分野でカリフォルニア州のある製造部門のポジションに空きがあると聞きました。これこそデバイスの材料選択から完成品に至るすべての段階に関わる絶好のチャンスだと思い、すぐに飛びつきました。エンジニアリングのキャリアの次の段階は、リスクを負って自立することへの躍進です。

3

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

軍用航空に憧れていましたから、戦闘機のパイロットになっていたでしょう。高校と大学の友人は海軍に入隊しました。ひとりは航空機整備士に、もうひとりは戦闘機のパイロットになりました。自分も同じ道を進むべきだったかな、と思うこともあります。確かなことは、エンジニアになっていなかったら、養成学校に入ってパイロットの資格を目指したでしょう。

4

気に入っている TE の製品はありますか?

TE がウェアラブルなフィットネス用デバイスのために作り出したセンサです。フィットネスに夢中なひとりとして、そのテクノロジは非常に革新的だと思います。数年前は、フィットネス レベルや活動をモニタしようと思っても、デバイスの種類とモニタできる活動の種類が限られていました。TE が開発したセンサ技術によって、フィットネス レベルと活動のモニタはかつてないほど簡単になり、小型のデバイスを時計感覚で身に付けるだけで、1 日の歩数や距離、登った階段の段数、睡眠時間などさまざまな活動を選んでモニタできます。その進歩は驚異的です。

5

どのようなお客様がいますか、また、お客様の最大の課題は何ですか?

私が担当しているお客様は、医療用デバイスのトップ企業です。お客様が抱える最大の課題のひとつは、より小型の耐久性とよじれ耐性に富んだ、トルク レスポンスの良いデバイスを作り出すことです。このゴールを達成して競合他社の一歩先を行くためには、私たちと協力し合い、より緊密な公差を達成するためにプロセスを改善し、デバイスの性能を向上するために異種の設計材料や特殊材料に目を向ける必要があります。そうすれば、これまでとはまったく異なる観点で考え、実用的なソリューションを生み出すことができます。射出成形のチューブ市場は非常に競争が激しく、設備技術、設計材料、プロセスの効率において業界のトレンドに後れを取らないようにすることが重要です。

6

医療用デバイスの将来のトレンドはどのようになると思いますか?

デバイスの小型化と高度化に伴って、射出成形もますます肉薄で高度になっています。トレンドは親水性被膜が遠のき、ポリマに潤滑用添加剤が取り入れられた生体適合性材料をもっと使うようになるでしょう。チューブやカテーテルは患者の体内や血管に挿入され、外科医は最小限の圧力で動脈内の施術を行う必要がありますから、チューブの潤滑性を向上させることは重要です。つまり、医療用デバイスとチューブの進化に伴って、私たちはもっと革新的になり、医療用デバイス業界におけるお客様の競合力を維持しなければなりません。

Ken Koen
Ken Koen
医療用デバイスとチューブの進化に伴って、医療用デバイス業界におけるお客様の競合力を維持するために、私たちはもっと革新的になる必要があります。

医療用デバイスの小型化と高度化に伴って、エンジニアはもっと革新的になり、 新たな観点で問題を捉える必要があります。Kenneth Koen は自分の役割、特に TE の技術のリソースを自由に使える今の役割にやりがいを感じています。AdvancedCath Technologies (2015 年に TE と合併) の共同設立者であり、医療用デバイス業界における 26 年の経験を持ち、お客様のニーズと成功に導くための使命感を理解しています。また、医療用デバイス市場の進歩に深く感謝しています。マサチューセッツ州にある CR Bard でキャリアを開始し、その後まもなく医療用デバイスの新規参入企業が集まるカリフォルニア州北部に移りました。「そこには医療用デバイスのベンチャー投資金が集まっていました、これだと思いました。」 

1

ポートフォリオ マネージャとして最も好きな業務は何ですか?

ポートフォリオ マネージャとしての役割を通じて、複数の事業部門にまたがる業務の価値を学びました。オペレータからマネージャまで、新しいテクノロジに対する情熱を分かち合う、医療用デバイス市場の才能と意欲に満ちた大勢のプロフェッショナルに出会いました。自分の役割、特にさまざまな新しい技術と社内の事業部門をリソースとして使うことにやりがいを感じています。 

2

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

自分がエンジニア志望だと自覚したのは、高校時代でした。そのころ年上の友人がすでにプラスチック産業に従事していて、プラスチック樹脂がどのような形にも変形することに興味を持ちました。この好奇心が私のキャリアの原点です、最初の仕事はレーザー カテーテルの開発でした。その後、ある友人から射出形成分野でカリフォルニア州のある製造部門のポジションに空きがあると聞きました。これこそデバイスの材料選択から完成品に至るすべての段階に関わる絶好のチャンスだと思い、すぐに飛びつきました。エンジニアリングのキャリアの次の段階は、リスクを負って自立することへの躍進です。

3

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

軍用航空に憧れていましたから、戦闘機のパイロットになっていたでしょう。高校と大学の友人は海軍に入隊しました。ひとりは航空機整備士に、もうひとりは戦闘機のパイロットになりました。自分も同じ道を進むべきだったかな、と思うこともあります。確かなことは、エンジニアになっていなかったら、養成学校に入ってパイロットの資格を目指したでしょう。

4

気に入っている TE の製品はありますか?

TE がウェアラブルなフィットネス用デバイスのために作り出したセンサです。フィットネスに夢中なひとりとして、そのテクノロジは非常に革新的だと思います。数年前は、フィットネス レベルや活動をモニタしようと思っても、デバイスの種類とモニタできる活動の種類が限られていました。TE が開発したセンサ技術によって、フィットネス レベルと活動のモニタはかつてないほど簡単になり、小型のデバイスを時計感覚で身に付けるだけで、1 日の歩数や距離、登った階段の段数、睡眠時間などさまざまな活動を選んでモニタできます。その進歩は驚異的です。

5

どのようなお客様がいますか、また、お客様の最大の課題は何ですか?

私が担当しているお客様は、医療用デバイスのトップ企業です。お客様が抱える最大の課題のひとつは、より小型の耐久性とよじれ耐性に富んだ、トルク レスポンスの良いデバイスを作り出すことです。このゴールを達成して競合他社の一歩先を行くためには、私たちと協力し合い、より緊密な公差を達成するためにプロセスを改善し、デバイスの性能を向上するために異種の設計材料や特殊材料に目を向ける必要があります。そうすれば、これまでとはまったく異なる観点で考え、実用的なソリューションを生み出すことができます。射出成形のチューブ市場は非常に競争が激しく、設備技術、設計材料、プロセスの効率において業界のトレンドに後れを取らないようにすることが重要です。

6

医療用デバイスの将来のトレンドはどのようになると思いますか?

デバイスの小型化と高度化に伴って、射出成形もますます肉薄で高度になっています。トレンドは親水性被膜が遠のき、ポリマに潤滑用添加剤が取り入れられた生体適合性材料をもっと使うようになるでしょう。チューブやカテーテルは患者の体内や血管に挿入され、外科医は最小限の圧力で動脈内の施術を行う必要がありますから、チューブの潤滑性を向上させることは重要です。つまり、医療用デバイスとチューブの進化に伴って、私たちはもっと革新的になり、医療用デバイス業界におけるお客様の競合力を維持しなければなりません。