Mauro Buscemi
Mauro Buscemi
ナノテクノロジがあれば、材料を改善し、現在の技術の限界を超えることができます。

子供のころから Mauro は、何かを修理したり一から作り始めるときには、いつも身近にある物を使って何かの役に立つ物を作り出していました。 エンジニアリングの仕事をしたいと思ったのがいつかだったかは、はっきりしませんが、わからないことは質問し、努力をやめることを知らないタイプであることは自覚していました。

誠実さは、お客様を大切にする精神に基づいています。お客様の期待を大切にすることは、自分の責任を果たすことであり、革新的な製品を提供することにつながります。

1

科学とエンジニアリング分野の最新の革新技術の中で、今後 10 年間に最も大きな影響を及ぼすと思われるものは何ですか?

ウェアラブル デバイスと医療環境へのナノテクノロジの統合が、いとも簡単に、人々の意識に劇的な変化をもたらすでしょう。細胞レベルでケガを治したり増殖する癌細胞を取り除けるといった可能性が、低侵襲性手術、疾患検出、診断、適正な早期治療を実現するうえで、新しい時代の扉を開きます。さらに、ナノテクノロジは、細胞レベルで生物学的構造を調べる手段となります。まだ解明されていないメカニズムが明らかになり、予測が可能になるでしょう。TE は、センサ技術の世界的なリーダーです。その未来は、モノのインターネットとスマート デバイスにあります。ナノテクノロジがあれば、材料を改良し、現在の技術の限界を超えることができます。電子デバイスで電子の動きを止める方法がわかれば、グラフェンでさえも真の用途が見出されるでしょう。

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

入社してすぐにもかかわらず、上海で開催された TE のオピニオン リーダー イベント TEchCon 2015 に参加したことです。この素晴らしいイベントでは、「インタラクティブなフォーラム」と「専門家の話を聞く」セッションで、世界各地からやってきた優秀なエンジニアから直接話を聞き、世界に広がる最先端の TE の技術について詳しく知ることができました。この場を借りて、TEchCon の門戸を広げるために選抜制を変更するという名案を出された CTO の Rob Shaddock 氏にお礼を申し上げます。ただし、かなりの時間とエネルギーを費やして、このイベントに参加する準備をしました。そのおかげで自分より経験のある人たちとともに自己の能力を試すことができました。その競争に勝ったという事実はともかく、これは私のキャリアの中の非常に大きな功績です。

3

尊敬するエンジニアはいますか、またその人はどのようなことで有名ですか?

私がイタリア系だということもありますが、エンジニア気質の典型ともいえるレオナルド・ダ・ビンチを尊敬しています。ダ・ビンチの中には調和のとれた創造力と数学的才能が混在しています。これこそ、エンジニアが持つべき気質です。観察と実験に基づく、すべてを包み込むような知識を持ち、画家、音楽家、建築家、解剖学者、設計者、発明家、そしてエンジンニアでもありました。未来の立体都市を予想する能力があり、現代の自転車、ヘリコプターや飛行機によく似た装置、バネ仕掛けの自動車、太陽エネルギーと凹面鏡を使って湯を沸かせる産業システムを発明しました。ダ・ビンチは 15 世紀の人でしたから、人が空を飛ぶというような先駆的なアイデアは冷笑されましたが、もし彼のような天才が現代にいたら 1 台のコンピュータで何をしただろうと想像せずにいられません。コンピュータと言えば、そもそも最初に計算機を発明したのもダ・ビンチでした。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

私が覚えているのは、何かを修理したり一から作り始めるとき、いつも身近にある物を使って何かの役に立つ物を作り出していたことです。エンジニアリングの仕事をしたいと思ったのがいつかだったかは、はっきりしませんが、この仕事をしたいと思った理由は、はっきりしています。それは私が努力をやめることを知らないタイプだからです。

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

医師になっていたでしょう。医師は人間の体のエンジニアですから。エンジニアとして、私はメカニズムを調べてコンセプトを理解し、それを利用価値のある製品に組み込むという仕事をしています。医師は、メカニズムの中でも最も複雑とされる人間の体を調べます。治療法の発見がどれほど困難であっても、医師は日々崇高な目的のために努力を続けます。現代の技術が医療分野で果たした成果にはとても興味があり、感心させられていますから、間違いなく医師として科学を追求する道に進んだでしょう。

6

技術的課題に取り組み、お客様との連携するうえで、責任感、誠実さ、チームワーク、革新といった TE の価値観から影響を受けましたか?

誠実さ は、お客様を大切にする精神に基づいています。お客様の期待を大切にすることは、自分の責任を果たす ことであり、革新的な 製品を提供することにつながります。もちろん、これは効果的なチームワークがあってはじめて可能になります。.ひとりでなんでもできるわけではなく、チームで、多くの能力、情熱、そして経験を合わせて力にしています。

7

これまでに学んできたプロジェクトに関する教訓で、最も満足のいく、あるいは最も重要なものは何でしたか。その教訓はどのように発展しましたか?

個人的な行動では、私はいつも最初から正しいことをしようと心がけています。このやり方を製品開発にあてはめることによって、「私の時間と私に協力してくれた人たちの時間は今日も無駄にならなかった」という満足感を得ています。実際、最も満足のいく成果はいくつもあります。何かを学び、任務を無事終えるたびに、それが最も良い方法だと思うからです。

8

あなたの仕事において、従来と考え方を変えなければならないと考えている技術的課題にはどのようなものがありますか?

TE での業務は、電子工学と機械学を組み合わせることですが、この 2 つの異質な世界を結び付けるのはかなり難しいことです。今の時点では、私の発想は電子工学的です。機械学については多くを学んでいるところです。もちろん、考え方を切り替える必要があります。この 2 つの世界を結び付けるにはかなり労力が必要ですが、その結果を見たり、もっと高いレベルに挑むことに強い関心を持っています。

Mauro Buscemi
Mauro Buscemi
ナノテクノロジがあれば、材料を改善し、現在の技術の限界を超えることができます。

子供のころから Mauro は、何かを修理したり一から作り始めるときには、いつも身近にある物を使って何かの役に立つ物を作り出していました。 エンジニアリングの仕事をしたいと思ったのがいつかだったかは、はっきりしませんが、わからないことは質問し、努力をやめることを知らないタイプであることは自覚していました。

誠実さは、お客様を大切にする精神に基づいています。お客様の期待を大切にすることは、自分の責任を果たすことであり、革新的な製品を提供することにつながります。

1

科学とエンジニアリング分野の最新の革新技術の中で、今後 10 年間に最も大きな影響を及ぼすと思われるものは何ですか?

ウェアラブル デバイスと医療環境へのナノテクノロジの統合が、いとも簡単に、人々の意識に劇的な変化をもたらすでしょう。細胞レベルでケガを治したり増殖する癌細胞を取り除けるといった可能性が、低侵襲性手術、疾患検出、診断、適正な早期治療を実現するうえで、新しい時代の扉を開きます。さらに、ナノテクノロジは、細胞レベルで生物学的構造を調べる手段となります。まだ解明されていないメカニズムが明らかになり、予測が可能になるでしょう。TE は、センサ技術の世界的なリーダーです。その未来は、モノのインターネットとスマート デバイスにあります。ナノテクノロジがあれば、材料を改良し、現在の技術の限界を超えることができます。電子デバイスで電子の動きを止める方法がわかれば、グラフェンでさえも真の用途が見出されるでしょう。

2

あなたの経歴の中で最も大きな成功といえるものは何ですか?

入社してすぐにもかかわらず、上海で開催された TE のオピニオン リーダー イベント TEchCon 2015 に参加したことです。この素晴らしいイベントでは、「インタラクティブなフォーラム」と「専門家の話を聞く」セッションで、世界各地からやってきた優秀なエンジニアから直接話を聞き、世界に広がる最先端の TE の技術について詳しく知ることができました。この場を借りて、TEchCon の門戸を広げるために選抜制を変更するという名案を出された CTO の Rob Shaddock 氏にお礼を申し上げます。ただし、かなりの時間とエネルギーを費やして、このイベントに参加する準備をしました。そのおかげで自分より経験のある人たちとともに自己の能力を試すことができました。その競争に勝ったという事実はともかく、これは私のキャリアの中の非常に大きな功績です。

3

尊敬するエンジニアはいますか、またその人はどのようなことで有名ですか?

私がイタリア系だということもありますが、エンジニア気質の典型ともいえるレオナルド・ダ・ビンチを尊敬しています。ダ・ビンチの中には調和のとれた創造力と数学的才能が混在しています。これこそ、エンジニアが持つべき気質です。観察と実験に基づく、すべてを包み込むような知識を持ち、画家、音楽家、建築家、解剖学者、設計者、発明家、そしてエンジンニアでもありました。未来の立体都市を予想する能力があり、現代の自転車、ヘリコプターや飛行機によく似た装置、バネ仕掛けの自動車、太陽エネルギーと凹面鏡を使って湯を沸かせる産業システムを発明しました。ダ・ビンチは 15 世紀の人でしたから、人が空を飛ぶというような先駆的なアイデアは冷笑されましたが、もし彼のような天才が現代にいたら 1 台のコンピュータで何をしただろうと想像せずにいられません。コンピュータと言えば、そもそも最初に計算機を発明したのもダ・ビンチでした。

4

最初にエンジニアリングの仕事をしたいと思ったのはいつですか、そしてそれはなぜですか?

私が覚えているのは、何かを修理したり一から作り始めるとき、いつも身近にある物を使って何かの役に立つ物を作り出していたことです。エンジニアリングの仕事をしたいと思ったのがいつかだったかは、はっきりしませんが、この仕事をしたいと思った理由は、はっきりしています。それは私が努力をやめることを知らないタイプだからです。

5

エンジニアになっていなかったら何をしていたと思いますか?

医師になっていたでしょう。医師は人間の体のエンジニアですから。エンジニアとして、私はメカニズムを調べてコンセプトを理解し、それを利用価値のある製品に組み込むという仕事をしています。医師は、メカニズムの中でも最も複雑とされる人間の体を調べます。治療法の発見がどれほど困難であっても、医師は日々崇高な目的のために努力を続けます。現代の技術が医療分野で果たした成果にはとても興味があり、感心させられていますから、間違いなく医師として科学を追求する道に進んだでしょう。

6

技術的課題に取り組み、お客様との連携するうえで、責任感、誠実さ、チームワーク、革新といった TE の価値観から影響を受けましたか?

誠実さ は、お客様を大切にする精神に基づいています。お客様の期待を大切にすることは、自分の責任を果たす ことであり、革新的な 製品を提供することにつながります。もちろん、これは効果的なチームワークがあってはじめて可能になります。.ひとりでなんでもできるわけではなく、チームで、多くの能力、情熱、そして経験を合わせて力にしています。

7

これまでに学んできたプロジェクトに関する教訓で、最も満足のいく、あるいは最も重要なものは何でしたか。その教訓はどのように発展しましたか?

個人的な行動では、私はいつも最初から正しいことをしようと心がけています。このやり方を製品開発にあてはめることによって、「私の時間と私に協力してくれた人たちの時間は今日も無駄にならなかった」という満足感を得ています。実際、最も満足のいく成果はいくつもあります。何かを学び、任務を無事終えるたびに、それが最も良い方法だと思うからです。

8

あなたの仕事において、従来と考え方を変えなければならないと考えている技術的課題にはどのようなものがありますか?

TE での業務は、電子工学と機械学を組み合わせることですが、この 2 つの異質な世界を結び付けるのはかなり難しいことです。今の時点では、私の発想は電子工学的です。機械学については多くを学んでいるところです。もちろん、考え方を切り替える必要があります。この 2 つの世界を結び付けるにはかなり労力が必要ですが、その結果を見たり、もっと高いレベルに挑むことに強い関心を持っています。