Bernhard Pfeiffer 工学博士 (Product Manager)
Bernhard Pfeiffer 工学博士 (Product Manager)
街路照明は、需要の増大を迎えている技術です。この技術は、特定の場所を照明するだけにとどまらず、お客様が抱える課題を検討し、将来の照明を予測するものです。

枠にとらわれずに考えるということが、彼のモットーです。 Bernhard は、科学研究の厳格さとイノベーションへの深い興味とを併せ持っています。彼は工学博士として、その経験を生かしてお客様を支援し、ニーズを予測してそれに適合するソリューションを実現しています。彼が見るところでは、複数部門が提携するチームワークには大きな価値があります。私たちは全員それぞれ異なるバックグラウンドを持っていますが、それを互いに共有することで、より高い見地から物事を見ることができるようになるからです。Bernhard は、2001 年から街路照明担当 Product Manager を務めています。また、現在は Product Manager と開発エンジニアで構成するグループも率いています。機械・電気・化学などのバックグラウンドを持つエンジニアが集まったこのグループは、樹脂ジョイント・絶縁材・ゲル製品を担当しています。

1

現在のお客様が抱えている課題は何ですか?

世界中のほとんどの場所で、屋外に加えて公共の建造物で、照明が大量のエネルギを消費しています。市町村の管理運営に投下できる財源はきわめて限られているうえ、誰にとっても、どこであっても炭素排出量の削減は必須です。

どこの市町村でも、公共照明を管理運営する部署が以下のような目標を掲げている理由はここにあります。

  • メンテナンス コストの削減
  • エネルギ コストの削減
  • 安全規格の維持と改善
  • 最小限の交換コストによる改造

2

LED 技術は世界をどのように変えていますか?

メンテナンスとエネルギのコストを削減するうえで、LED が優れた解決策であることは明らかです。実際、他の照明技術よりも最大で 10 倍長い寿命を実現します。LED におけるイノベーションのスピードはまた、その効率を物理的限界のレベルにまで引き上げています。減光と制御が容易であることから、さらなるエネルギ削減が望め、この点において世界を変えつつあります。

3

今後の数年、街路照明で重要となる次のイノベーションは何ですか?

街路照明のポールはますます、単なる照明器具にとどまらず、照明以外の次のような用途に使用できる電気エネルギの出力源として捉えられるようになっています。

  • 電気自動車の充電
  • WLAN ルータおよびビデオ カメラの電源
  • 駐車場の空き状況を検出するセンサの収容

このような用途では、照明を必要としない日中でもケーブルに通電する必要があるという、運用上の課題が発生します。また、ポールの所有者は誰であるか、ポール内外や関連機器の保守点検や作業を誰に対して認めるかといった法律上の問題も、複雑さを増しています。

長期的には、街路照明の配電網を低電圧直流電流 (LVDC) に変更することも可能になるかもしれません。LED をはじめとするほとんどの電子デバイスは LVDC で動作しているからです。この大規模な変更の可能性について検討を進める最初の標準化グループが現在、会合を重ねています。

4

エンジニアになった理由は何ですか?その判断に影響したものは何ですか?

自分がエンジニアになりたいと思っていることをいつも意識していました。人生のかなり早い時期に、どのような職業に就くか決心していました。それは父親を見ていたからです。私の父は、熟練した工具製作者であり、設計エンジニアでした。家や車に必要な修理作業はすべて自分でこなしていました。あらゆる種類の工具と機械を所有していました。何しろ、車のギア ボックスの修理に必要なものまで揃っていたのですから。すべての電気絶縁に注意を払っていましたから、ラジオの修理などはお手のものでした。

このようなことに私は好奇心を覚えました。あらゆる種類の技術的なものに興味を持ち、自転車の修理やラジオの製作などに年がら年中没頭していました。父が私に影響を与えたことは明らかです。

Bernhard Pfeiffer 工学博士 (Product Manager)
Bernhard Pfeiffer 工学博士 (Product Manager)
街路照明は、需要の増大を迎えている技術です。この技術は、特定の場所を照明するだけにとどまらず、お客様が抱える課題を検討し、将来の照明を予測するものです。

枠にとらわれずに考えるということが、彼のモットーです。 Bernhard は、科学研究の厳格さとイノベーションへの深い興味とを併せ持っています。彼は工学博士として、その経験を生かしてお客様を支援し、ニーズを予測してそれに適合するソリューションを実現しています。彼が見るところでは、複数部門が提携するチームワークには大きな価値があります。私たちは全員それぞれ異なるバックグラウンドを持っていますが、それを互いに共有することで、より高い見地から物事を見ることができるようになるからです。Bernhard は、2001 年から街路照明担当 Product Manager を務めています。また、現在は Product Manager と開発エンジニアで構成するグループも率いています。機械・電気・化学などのバックグラウンドを持つエンジニアが集まったこのグループは、樹脂ジョイント・絶縁材・ゲル製品を担当しています。

1

現在のお客様が抱えている課題は何ですか?

世界中のほとんどの場所で、屋外に加えて公共の建造物で、照明が大量のエネルギを消費しています。市町村の管理運営に投下できる財源はきわめて限られているうえ、誰にとっても、どこであっても炭素排出量の削減は必須です。

どこの市町村でも、公共照明を管理運営する部署が以下のような目標を掲げている理由はここにあります。

  • メンテナンス コストの削減
  • エネルギ コストの削減
  • 安全規格の維持と改善
  • 最小限の交換コストによる改造

2

LED 技術は世界をどのように変えていますか?

メンテナンスとエネルギのコストを削減するうえで、LED が優れた解決策であることは明らかです。実際、他の照明技術よりも最大で 10 倍長い寿命を実現します。LED におけるイノベーションのスピードはまた、その効率を物理的限界のレベルにまで引き上げています。減光と制御が容易であることから、さらなるエネルギ削減が望め、この点において世界を変えつつあります。

3

今後の数年、街路照明で重要となる次のイノベーションは何ですか?

街路照明のポールはますます、単なる照明器具にとどまらず、照明以外の次のような用途に使用できる電気エネルギの出力源として捉えられるようになっています。

  • 電気自動車の充電
  • WLAN ルータおよびビデオ カメラの電源
  • 駐車場の空き状況を検出するセンサの収容

このような用途では、照明を必要としない日中でもケーブルに通電する必要があるという、運用上の課題が発生します。また、ポールの所有者は誰であるか、ポール内外や関連機器の保守点検や作業を誰に対して認めるかといった法律上の問題も、複雑さを増しています。

長期的には、街路照明の配電網を低電圧直流電流 (LVDC) に変更することも可能になるかもしれません。LED をはじめとするほとんどの電子デバイスは LVDC で動作しているからです。この大規模な変更の可能性について検討を進める最初の標準化グループが現在、会合を重ねています。

4

エンジニアになった理由は何ですか?その判断に影響したものは何ですか?

自分がエンジニアになりたいと思っていることをいつも意識していました。人生のかなり早い時期に、どのような職業に就くか決心していました。それは父親を見ていたからです。私の父は、熟練した工具製作者であり、設計エンジニアでした。家や車に必要な修理作業はすべて自分でこなしていました。あらゆる種類の工具と機械を所有していました。何しろ、車のギア ボックスの修理に必要なものまで揃っていたのですから。すべての電気絶縁に注意を払っていましたから、ラジオの修理などはお手のものでした。

このようなことに私は好奇心を覚えました。あらゆる種類の技術的なものに興味を持ち、自転車の修理やラジオの製作などに年がら年中没頭していました。父が私に影響を与えたことは明らかです。