プラチナ温度センサと RTD プローブ

プラチナ温度センサ

TE Connectivity (TE) のプラチナ温度センサは、極度の高温用途における精密かつ安定した測定を目的として設計されています。これらのセンサは、その実績ある設計、使いやすさ、信頼できる性能、迅速な納品で高い価値を備えています。過酷な環境でも精密な温度測定ができます。新しいエンジニアリング設計でも、あるいは既存設計の最適化でも、TE のプラチナ温度センサは、さまざまな産業と用途において簡単に使用できます。線形出力は設計上の干渉を抑える必要がありますが、TE はこれらのセンサをほぼすべてのフォーム ファクタで迅速に納入いたします。

製品の特長:

TE のプラチナ RTD ラインナップが提供する各種機能
  • 過酷な環境における精密な測定
  • 適用および使用が容易
  • -200°C ~ +600°C の極度な高温に耐える設計 
  • 国際工業規格 (IEC 60751:2008) に対応
  • 線形出力による優れた設計効率
  • 多数の用途に対応
プラチナ温度センサのインフォグラフィック
  1. Formula E 温度センサ (英語)

TE Connectivity (TE) と Andretti Autosport とのパートナーシップは、Formula E カー上のロゴにとどまるものではありません。TE 温度センサを車両内で使用する方法についてご覧ください。