概要

システムの複雑さを低減 LUMAWISE ドライブ LED ホルダ タイプ Z50 調光シリーズは、可動照明やスポット照明に最適です。ホルダと DC/DC ドライバを 1 つのパッケージに統合することにより、照明デザイナーはコンパクトで見栄えがよく、よりシンプルな照明システムを実現できます。ごく最近まで、LED ドライバの大部分は独立したボックスに収容されており、しばしばランプ本体よりサイズの大きいボックスが、照明の横や、光源から離れた場所に取り付けられているのが普通でした。このような構成では光源とドライバ間の配線が必要になるため、デザイナーはデザイン面と製造面の折り合いをつけるのに苦労していました。TE の新しいホルダは、そのような複雑さを低減させて照明設計の自由度を向上させることで、よりコスト効率に優れ、見た目にも美しいソリューションの実現を可能にします。

用途

  • 可動照明
  • スポット照明
  • ダウンライト

LUMAWISE ドライブ LED ホルダ タイプ Z50 調光シリーズ は、48VDC 電源を採用した定電流 LED ドライバを、TE で人気の、Zhaga 準拠シリーズ直径 50 mm タイプの COB LED 用 LUMAWISE LED ホルダと同じ形状寸法に組み込んでいます。入手がしやすい広範な定電圧電源で動作するため、単一の電源から複数の照明器具への電源供給も可能になりました。0 ~ 10 V の調光オプションによってホルダに調光機能をプラスすることで、幅広い用途に対応する多彩な機能を提供します。これらドライブ電流はそれぞれ、16 × 19 mm、19 × 19 mm、20 × 24 mm、24 × 24 mm という一般的なサイズの COB に対応しており、LED メーカが提供する 70 種類以上の COB で LED ホルダをご使用いただけます。

特徴

Product Description

LUMAWISE ドライブ LED ホルダ タイプ Z50 調光シリーズは、DC/DC ドライバをホルダに内蔵した、チップオンボード (COB : Chip-on-Board) LED 用 LED ホルダです。照明デザイナーは、スポット照明や可動照明用のドライバ ボックスを設置せずに済むため、より美観に優れ、システム コスト削減も可能にするソリューションを実現できます。この調光シリーズは、0 ~ 10 V(シンクまたはソース)の調光機能をプラスします。 View All DT RECP ASM Products (18)

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

 

注意: すべての設計作業で製品図面を使用してください。 

製品のタイプの特徴

  • オンボード ドライバ  はい

  • プログラム可能  いいえ

  • フリッカー (% 最大)  5

  • 調光可能  はい

  • 調光プロファイル  線形

  • 熱保護  はい

  • COB 基板厚さ (mm) 1

  • コネクタ タイプ  電線対デバイス, 電線対モータ

  • 防水性  いいえ

  • 製品タイプ  LED ホルダ

構成の特徴

  • 光学調整  はい

電気的特性

  • 動作電圧 (VDC) 48

  • 出力定格電流 (mA) 350, 500, 700, 1050

端子の特徴

  • 端子のベース材質  銅合金

  • 端子嵌合面のめっき材質 

結線の特徴

  • ワイヤ & ケーブルへの結線方法  Mini CT Connector

ハウジングの特徴

  • ハウジングの材質  PBT

使用条件

  • 使用温度範囲  0 – 125 °C [ 32 – 257 °F ]

動作/用途

  • Zhaga 互換性を実現  はい

関連資料

カタログ ページ/データ シート

契約条件

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。