OSU Venturi Buckeye Bullet

ケース スタディ

課題

高電圧コネクタおよびコンタクタを取り付けて電気スーパーカーを強化することにより、電気自動車では手が届かなかった最高スピードを達成します。

TE のアプローチ

TE は、オハイオ州立大学の学生が設計するバッテリー駆動 Venturi Buckeye Bullet 3 に、製品およびサポートを無償提供しました。このスーパーカーは時速 400 マイルで走行するよう設計されました。今までには、ほんの一握りのガソリン車のみがそのような速度を達成しており、このような離れ業はこれまで電気自動車には手が届かないものでした。 

結果

Venturi Buckeye Bullet 3 は、その前身の Venturi Buckeye Bullet 2.5 が達成した時速 307 マイルの世界記録を破ることを目指しています。TE は、極端な条件下でスーパーカーを保護する高電圧コネクタおよびコンタクタを提供することにより、オハイオ州立大学と協働して未来の電気自動車の進歩に貢献しました。 

オハイオ州立大学のような組織と関係を築いたおかげで、社内のチーム作りに最適な方法を構築することができました。両者の関係は採用のための太いパイプラインですが、同時に我々は、TE 製品の改良を助ける研究所として彼らのリソースを利用することが可能となりました。
Chad Taylor,
ビジネス開発シニア マネージャ
  1. Chad Taylor の紹介

TE の事業開発マネージャで、OSU の卒業生である Chad Taylor の話をお聞きください。

OSU Venturi Buckeye Bullet

ケース スタディ

課題

高電圧コネクタおよびコンタクタを取り付けて電気スーパーカーを強化することにより、電気自動車では手が届かなかった最高スピードを達成します。

TE のアプローチ

TE は、オハイオ州立大学の学生が設計するバッテリー駆動 Venturi Buckeye Bullet 3 に、製品およびサポートを無償提供しました。このスーパーカーは時速 400 マイルで走行するよう設計されました。今までには、ほんの一握りのガソリン車のみがそのような速度を達成しており、このような離れ業はこれまで電気自動車には手が届かないものでした。 

結果

Venturi Buckeye Bullet 3 は、その前身の Venturi Buckeye Bullet 2.5 が達成した時速 307 マイルの世界記録を破ることを目指しています。TE は、極端な条件下でスーパーカーを保護する高電圧コネクタおよびコンタクタを提供することにより、オハイオ州立大学と協働して未来の電気自動車の進歩に貢献しました。 

オハイオ州立大学のような組織と関係を築いたおかげで、社内のチーム作りに最適な方法を構築することができました。両者の関係は採用のための太いパイプラインですが、同時に我々は、TE 製品の改良を助ける研究所として彼らのリソースを利用することが可能となりました。
Chad Taylor,
ビジネス開発シニア マネージャ
  1. Chad Taylor の紹介

TE の事業開発マネージャで、OSU の卒業生である Chad Taylor の話をお聞きください。