次世代のアンテナ設計: 材料とプロセスによって実現するサイズ、重量、コスト削減の新しい可能性

要約

無人機は軍事目的での使用が拡大しており、航空用途だけでなく、地上や水中での作戦行動にまで広がっています。近年のアンテナ設計ではアンテナ サイズの低減、アンテナ正角性の向上、そしてアンテナ重量の軽量化が図られているため、無人機の燃料効率を向上させることができます。航空用途の UAV では、TOS (Time On Station) が重要なミッション パラメータであり、ペイロード重量と航空力学による直接的な影響を受けます。無人の陸上機では、アンテナ正角性が向上することで、外部に突き出したアンテナによって偶発的な損傷が発生する可能性が低くなります。

設計者は、小型で機能性に優れた UAV を期待しているため、SWaP-C (サイズ、重量、出力、およびコスト) 要件では、小型、軽量、省エネのコンポーネントが必要であり、サブシステムは最新の製造手法を使用して作成されます。すべてのサブシステムが SWaP-C 向上の対象となるため、サブシステムを少しずつ改善することが、プラットフォーム全体の大幅な改善につながります。

最先端の材料および製造技術により、サイズ、重量、空力抵抗、およびコストを削減しながら、アンテナ設計の向上を実現できるようになりました。次世代のアンテナ設計に影響を与える主な技術革新には、複合素材および最新の選択的金属化プロセスがあります。これらの技術革新を組み合わせると、機械的に堅牢で厳しい環境条件にも耐えられる、コストパフォーマンスの高い三次元アンテナを実現できます。 『Aerospace and Defense Technology』(2014 年 5 月号) からの引用

次世代のアンテナ設計: 材料とプロセスによって実現するサイズ、重量、コスト削減の新しい可能性

要約

無人機は軍事目的での使用が拡大しており、航空用途だけでなく、地上や水中での作戦行動にまで広がっています。近年のアンテナ設計ではアンテナ サイズの低減、アンテナ正角性の向上、そしてアンテナ重量の軽量化が図られているため、無人機の燃料効率を向上させることができます。航空用途の UAV では、TOS (Time On Station) が重要なミッション パラメータであり、ペイロード重量と航空力学による直接的な影響を受けます。無人の陸上機では、アンテナ正角性が向上することで、外部に突き出したアンテナによって偶発的な損傷が発生する可能性が低くなります。

設計者は、小型で機能性に優れた UAV を期待しているため、SWaP-C (サイズ、重量、出力、およびコスト) 要件では、小型、軽量、省エネのコンポーネントが必要であり、サブシステムは最新の製造手法を使用して作成されます。すべてのサブシステムが SWaP-C 向上の対象となるため、サブシステムを少しずつ改善することが、プラットフォーム全体の大幅な改善につながります。

最先端の材料および製造技術により、サイズ、重量、空力抵抗、およびコストを削減しながら、アンテナ設計の向上を実現できるようになりました。次世代のアンテナ設計に影響を与える主な技術革新には、複合素材および最新の選択的金属化プロセスがあります。これらの技術革新を組み合わせると、機械的に堅牢で厳しい環境条件にも耐えられる、コストパフォーマンスの高い三次元アンテナを実現できます。 『Aerospace and Defense Technology』(2014 年 5 月号) からの引用