新しい用途の要求に応える熱収縮製品の広がり

要約

電子機器業界では、50 年以上にわたり熱収縮チューブが主要な製品としての地位を保ち続けています。シーリングや保護、絶縁、張力緩和に加え、ワイヤとケーブルの識別でも使用されています。

 

電子機器には熱収縮チューブが数多く使用されています。主な使用例として以下の 4 つがあります。

  • 電気コンポーネントの絶縁
  • 湿気およびその他の汚れに対するシーリング
  • 特に結線のストレイン リリーフ
  • 摩耗およびその他の機械的負荷に対する保護

 

ポリマを架橋すると、架橋していない材料ではできない処理が可能になります。熱収縮チューブの場合では、たとえば一般に使用されるポリオレフィンなどのプラスチックを加熱して、直径を数倍にも広げることができます。冷却しても伸びた状態が維持されます。再びチューブを加熱すると、収縮して元のサイズにもどります。チューブの元のサイズよりいくらか大きい基材の周りでチューブが収縮するため、チューブはきつく安全に基材に適合します。 『Cable Assembly Supplier』(2012 年 6 月号) からの引用

新しい用途の要求に応える熱収縮製品の広がり

要約

電子機器業界では、50 年以上にわたり熱収縮チューブが主要な製品としての地位を保ち続けています。シーリングや保護、絶縁、張力緩和に加え、ワイヤとケーブルの識別でも使用されています。

 

電子機器には熱収縮チューブが数多く使用されています。主な使用例として以下の 4 つがあります。

  • 電気コンポーネントの絶縁
  • 湿気およびその他の汚れに対するシーリング
  • 特に結線のストレイン リリーフ
  • 摩耗およびその他の機械的負荷に対する保護

 

ポリマを架橋すると、架橋していない材料ではできない処理が可能になります。熱収縮チューブの場合では、たとえば一般に使用されるポリオレフィンなどのプラスチックを加熱して、直径を数倍にも広げることができます。冷却しても伸びた状態が維持されます。再びチューブを加熱すると、収縮して元のサイズにもどります。チューブの元のサイズよりいくらか大きい基材の周りでチューブが収縮するため、チューブはきつく安全に基材に適合します。 『Cable Assembly Supplier』(2012 年 6 月号) からの引用