3D プリンタで作ったバイク

3Dプリンタで作ったバイク

2014 年秋、TE Connectivity は未知の領域に突入しました。積層造形プロセスを使用して、企業として初めて、3Dプリンタによって走行可能なバイクを作り出したのです。

新しい成長分野である積層造形では、エンジニアは、現実世界で実際に機能する、より複雑で堅牢な製品の製作に向けて前進しています。 エンジニアは、プラスチックの束を積層させて製品を印刷するためにデジタル パターンをコンピュータにプログラムすることから始めます。これらの層を印刷して積み重ねることで、層が合体して 1 つの部品を形成します。 何年にもわたって、エンジニアはこの技術を使用してピザ、チョコレート バー、洋服、そしてフルートやバイオリンなどの印刷に成功してきました。

 

10-15

マイル/時間 (MPH)

8

長さ (フィート)

250

ポンド

3D バイク

しかし、2014 年秋、TE Connectivity は未知の領域に突入し、積層造形プロセスを使用して走行可能な 3D バイクを製作する最初の企業になりました。
 

「積層造形は、材料を組み合わせて何かを製作する機能です」と TE の 積層造形チームの主席電気技師 Chuck Fry は説明します。
 

積層造形は 3D 印刷よりも一歩先に進んでおり、最終製品をカスタマイズするために 製作過程で物を追加できます
 

「たとえば、ヘッドライトを 3D プリンタで製作し、それが終了したら、その上部に銅、次にニッケルめっきを追加しました」と Fry は説明します。「すべてが標準の製造方法ではなく、積層造形で行われました。積層造形では、物を削り取るのではなく、むしろ加えていくのです。」

TE 3D バイクのヘッドライト
3D プリンタで製作されたヘッドライトに銅およびニッケルめっきを追加します。
3D プリンタによって製作されたバイク [プラスチック タンク
プラスチック タンクの拡大写真

バイクはカスタム ハードテールデザインで、フレーム、ホイール ベアリング、ハンドルバーおよびシートがすべてプラスチックで印刷されています。長さ 8 フィート、重さ 250 ポンドで、181 kg または大人 2 人を支えることができます。モータは 1 馬力で、10 ~ 15 mph で数分走行できます。
 

TE はエンジニアに自由度を与えるために、普及モデルに基づくデザインではなく、カスタム ハードテールで開始することを選択しました。
 

「カスタム設計で開始することで、積層造形とは何かを示すことができました」と Fry は説明します。「そして、それがカスタム機能、カスタム設計を行うために能力なのです。カスタマイズのタイプは、積層造形では容易で、通常の製造では難しいものでした。
 

この刺激的な前進により、TE は 3D 印刷の可能性を、現実世界の製品を製作する現実的な方法として示しました。
 

「当社がこのバイクの製作を決定したのは、積層造形と 3D 印刷の可能性を実証したかったからです」と Fry は説明します。「何ができるかを人々に見てもらう必要があったのです。他の方法ではできないことができるのです。

3D プリンタによって製作されたバイクのホイール リム
3D プリンタを使用して製作された頑強なホイール リム