TE 新製品: DiBO+ 産業用電気自動車充電ケーブル アセンブリ

簡単で安全な EV 充電

簡単で安全な EV 充電

TE Connectivity (TE) のタイプ 1 用 EV 充電ケーブル アセンブリの設計が見直され、人間工学的なハンドルが付いた新しいハウジング デザインに改良されました。この EV 充電ケーブル アセンブリは 10,000 回の嵌合試験に合格しており、厳しい嵌合回数要件に応えます。

August 04, 2017

接続およびセンサの分野で世界をリードする TE Connectivity (TE) は、同社の DiBO タイプ 1 電気自動車 (EV) 充電ケーブル アセンブリの次世代モデルを発表しました。DiBO+ と呼ばれるこの新しい設計は、従来のモデルと同じ人間工学的でスマートなロープロファイル設計を維持しながら、UL62 規格の認可を受けたハイフレックス ケーブルを採用しています。

 

この新しい設計では、卓越した屈曲寿命、高い信頼性、あらゆる動きに対応する機能性を得るためにハイフレックス ケーブルが採用されており、人間工学的に小さいハンドルによってセキュリティ エンクロージャに収納しやすくなっています」。TE のケーブル アセンブリ担当 Product Manager、Zachary Galbraith はこのように語ります。

 

TE の新しい DiBO+ EV 充電ケーブル アセンブリは機能豊富で、EV 充電ステーションに最適です。嵌合耐久性が高く、10,000 回の嵌合試験に合格しています。さらに、SAE J1772 仕様を満たしており、UL 2251 に基づく UL 認可も受けています。ケーブル自体は UL62 低温衝撃要件を満たし、RoHS に準拠しながら、それでも柔軟性を維持しています。コネクタ ボディ内部での接点の耐腐食性と耐湿性を強化するため、コンタクト アセンブリは液体シリコン ゴムで密閉されています。コネクタ ボディの材料は、エンド ユーザの使用を念頭に置いて耐破砕性の高いものが採用されています。これらの材料は屋外使用分類 F1 (UL) に適合し、一般的な自動車用液体に対する耐性も備えています。

 

DiBO+ はコスト競争力の高いソリューションであり、標準製品リクエストに対するリード タイムは 4 週間です。最小の注文数量要件はありますが、顧客固有の設置に合わせたケーブル終端結線のカスタム構成にも対応しています。電気自動車充電設備 (EVSE) パートナーは、DiBO+ とともに TE のグローバルな製造拠点に内部配線ハーネス ソリューションを注文したり、TE のエンジニアと協力して独自の統合ソリューションを開発したりすることもできます。

 

TE にはコネクティビティとケーブル アセンブリ製造の分野において 75 年以上の経験に裏付けられたコア コンピテンシーがあり、お客様の自動車用途に対して安全で信頼性の高い、市場をリードする EV 充電ソリューションを提供します」。Galbraith はこのように付け加えました。

TE について

TE Connectivity (NYSE: TEL)は接続技術において世界をリードする年間売上120億米ドルのグローバルカンパニーです。TEのイノベーションへの強い情熱は、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションから スマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。あらゆる分野に広がるTEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、過酷な環境下でも機能が立証されており、より安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万5千名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です– www.TE.com.

詳細を表示