IoT センサ

センサと、モノのインターネット

モノのインターネット (IoT) の広大なエコシステムにおいて、センサは極めて重要な役割を果たしています。TE Connectivity (TE) は、お客様と協力して、IoT 用途に適したセンサをご提供できるよう尽力しています。

IoT が、真の変革をもたらす

TE Connectivity (TE) のエンジニアと開発担当者は、モノのインターネット (IoT) が真の変革をもたらすことを - 私たちの生活のあらゆる側面に、かつてないレベルのコネクティビティをもたらすことを、明確に認識しています。低消費電力のデジタルセンサが普及するなか、エンジニアはIoT 開発の成功を目指して、適切なインフラ構築のための準備を整えています。IoT は何百にも及ぶ業界と何千もの用途を席巻した、巨大な新しい潮流となっていますが、あらゆる用途に共通する 3 つの主要要素が存在します。

オレンジ色罫線

センサ

センサは、IoT 用途を可能にする重要な屋台骨です。物理的世界のインターフェースであるセンサは、モノのインターネットにおける重要な「モノ」であり、圧力・温度・位置・角度・時間・電流・電圧などに対応する電気信号を提供しています。Andretti Technologies 社の Formula E プログラムのために開発された IoT をベースにした気象観測装置において、センサが果たしている役割をご紹介します。 

  1. IoT を利用した気象観測装置 (英語)

IoT によって、さまざまな業界のデータを世界各地で活用することが可能になりました。ビデオでは、Andretti Technologies 社が TE の IoT Weather Station を駆使して、コース上で成果を収めている模様をでご紹介します。

オレンジ色罫線

ワイヤレス接続

どのような IoT 用途であっても、ワイヤレス範囲・エネルギ消費・セキュリティに関する要件などの制約がつきものです。ほとんど無限にも思えるコネクティビティの選択肢を探るのは、何とも気の重い作業でしょう。ここでは、IoT 用途に利用できる主要なワイヤレス技術を、コスト・セキュリティ・通信距離などの条件も考慮に入れてご紹介します。用途に応じた正しいプロトコル選定のヒントを、インフォグラフィックでご紹介します。

IoT クラウド
オレンジ色罫線

実用的なデータ

もちろん、IoT のデータは物事を動かすための力に等しいため、多くの業界が、データ収集にもとづくリアルタイムでの意思決定を実現する方法を探っています。医療業界がリモートでの患者監視を行うため、IoT をどのように活用しているかをご紹介します。

オレンジ色罫線

注目の開発基板

TE Connectivity の開発基板はエンジニアや開発担当者をサポートして、新しい開発設計のプロトタイプの迅速な作成や IoT プロジェクトのコンセプト具現化を後押しします。いずれのタイプも、TE による多彩なデジタル センサ製品とのインタフェースに必要なハードウェアとソフトウェア ライブラリを提供します。

TE Connectivity、TE、TE connectivity (logo) および EVERY CONNECTION COUNTS は商標です。

ARDUINO および Andretti など、ここに挙げた製品名や社名は、該当する各所有者の商標です。