デジタル出力信号付き温度センサ

デジタル温度センサ

TE Connectivity (TE) のデジタル温度センサは、0.1°C の精度で業界をリードします。温度システム センサ (TSYS) は、特に狭いスペース用に特化された小型パッケージで、プロセス温度の変化に敏速に反応します。最適化された超小型回路設計により、迅速な変換時間と超低消費電力が実現します。

製品の特長:

TE の温度センサのポートフォリオが備える各種機能
  • 0.1°C までの正確な読み取り値
  • -40°C ~ +125°C の動作温度範囲
  • デジタル (I2C/SPI/SDM) およびアナログ (PWM) 出力信号のオプション
  • シンプルな統合のための QFN16 および TDFN8 パッケージ
  • バッテリー駆動時間を最大限にする低電流消費オプションをご用意
  • 低熱質量のコンパクトな設計
  • 迅速なステップ応答

0.1°C

デジタル温度センサ TSYS01 の -5°C から +50°C までの測定範囲で市場をリードする精度

125°C

最大動作温度

12.5

マイクロアンペア (µA) 電流消費をご用意

  1. デジタル温度センサのオンライン セミナー (英語)

このオンライン セミナーでは、デジタル温度を中心にセンサ業界を推進している技術開発と業界の動向についてご説明します。

sdf
  1. デジタル温度センサ - TSYS (英語)

デジタル化されたつながる世界におけるデジタル温度センサの重要な役割についてご覧ください。

オレンジ色罫線

温度センサ開発基板。 用途に対応するデジタル温度センサを簡単にテストして適合を確認するため、TE では、デジタル温度センサを搭載したさまざまな開発基板をご用意しています。 代理店の在庫を通じてほぼすべての構成とプラットフォームがご利用いただけます。