ホール センサ T40MC2

自動車用センサ

TE Connectivity (TE) は、より安全で環境にやさしい、より密接につながる自動車の実現に取り組んでいます。乗客を安全かつ効率的に搬送するために、車両はデータを必要とします。当社の自動車用センサは、車内外の状況の変化を検知して、これに反応する性能を備えています。TE の自動車用センサは、車両機能の制御・適応・反応に関するデータの提供を支援して、安全性・快適性・効率性の向上を実現します。当社の技術は、乗用車・トラック・バス・オフロード車両に搭載されている数多くの車載ネットワークにとって不可欠な要素となっています。TE の自動車用センサは厳密な仕様に従って設計・製造されており、カスタムの設計・製造も数多く行われています。

製品の特長:

TE の自動車用センサ ラインナップが提供する各種機能
  • ブレーキ用センサは、ブレーキ マスタ シリンダ位置検知センサ (オプションで冗長機能あり)、ブレーキ ペダル位置検知用回転センサ (オプションで冗長機能あり)、非接触型ブレーキ ライト スイッチ、車輪速センサなどの車両用途に使用されています。
  • また、ABS/ESC モジュール向けの真空ブレーキ ブースタ センサやブレーキ ライン圧などの圧力センサもご用意しています。
  • 当社では、ルーフの開閉位置スイッチやアクチュエータのほか、シリンダ位置・座席位置・乗員検知といったシャーシ 用ソリューションを幅広く提供しています。当社の湿度および温度センサは、暖房・換気・空調 (HVAC) システムに使用され、風防ガラスの曇り防止やエネルギー管理に役立っています。
  • クラッチ センサは、同心スレイブ シリンダおよびクラッチのスレイブ シリンダ用永久磁石線形非接触型変位 (PLCD) センサ、クラッチ ペダル位置検知用回転センサ、クラッチのマスター シリンダ用非接触型スイッチ、クラッチのマスター シリンダおよびデュアル クラッチ トランスミッション (DCT) 用の移動量センサなどの自動車用途に使用されています。
  • エンジン用・電気モータ用センサは、ターボ チャージャ アクチュエータ用位置センサ、空気圧 (EGR) シリンダ、CAM、電気モータ整流用クランク シャフト速度センサおよびレゾルバなどの車両用途に使用されています。
  • 尿素濃度センサ・レベル センサ・温度センサ・尿素ポンプ圧センサ、排気ガス温度センサ (EGTS) など、排気ガス用途向けに幅広いセンサを取り揃えています。
  • トランスミッション センサは、発進・停止するためのマニュアル トランスミッション (MT) における全ギアまたはニュートラル ポジションの検知、自動変速機 (AT)・無段変速機 (CVT)・デュアル クラッチ トランスミッション (DCT) のドライブ モード (移動または回転) といった車両用途に使用されています。また、圧力・温度用ソリューションも取り揃えています。
TE Connectivity が提供する自動車用センサは、シャーシ・クラッチ・エンジン・排気系・電気モータ・トランスミッション・ブレーキなどに対応
  1. 安全で環境に優しくスマートなコネックテッド カー (英語)

お客様と協力して、排ガスの抑制に TE がどのように取り組んでいるかを Marcus Schulte がご説明します。その一例は、ディーゼル エンジンによる温室効果ガス発生量を削減する浄化システムの品質と尿素濃度を測定するために開発されたセンサです。