防滴 Micro USB リセプタクル

USB の汎用性

Micro USB コネクタには、このような防滴リセプタクルを含むさまざまな設計オプションがあります。以下に、Micro USB 2.0 を設計する際に考慮すべきタイプおよびオプションの概要を示します。

当社の Micro USB コネクタは、すべての USB 用途に対応するうえでの信頼性、堅牢性、およびシステムの汎用性に関して定評があります。 TE の USB システムは I/O デバイスに対する包括的な相互接続技術であり、DIP タイプのはんだ付け、SMT はんだ付け、標準マウント、逆マウント、ミッド マウントといった幅広い種類があります。

嵌合タイプ

A および B プラグ、B および AB リセプタクル

通常、タイプ A プラグは “マスター” デバイスへの接続に使用されます。タイプ B プラグは “スレイブ” デバイスへの接続に使用されます。デバイス自体は、タイプ B (スレイブ) プラグのみに対応するリセプタクルか、またはタイプ A とタイプ B の両方のプラグに対応するリセプタクルを備えています (デバイスはマスターまたはスレイブとして機能できます)。このリセプタクルは AB リセプタクルと呼ばれます。 

USB の嵌合のタイプ

はんだ付けのタイプ

はんだマウント技術 (SMT)

デュアル インライン パッケージ (DIP) タイプのリセプタクルは、コネクタを強化する 2 本または 4 本のスルーホール ソルダータインを備えています。これらのソルダータインは、コネクタに例外的に大きな力が加わった (たとえば、挿入されたプラグとともにデバイスが落下した) 場合に、コネクタが基板から外れるのを防ぎます。 

DIP 部分なし
DIP 部分なし
4 本の DIP (脚)
4 本の DIP (脚)
2 本の DIP (脚)
2 本の DIP (脚)

マウントのタイプ

標準マウントとミッド マウント

Micro USB コネクタの高さは 2.51mm です。標準のオンボード取り付けではこの高さになりますが、コネクタを基板に沈めれば、エンド アプリケーションの高さを小さくすることができます。この処理ではミッド マウントが形成されます。要件に応じて、ミッド マウントではいくつかの高さを実現できます。 

Micro USB プラグは、必ず USB ロゴをユーザーに向けた状態でデバイスに差し込む必要があります。逆マウント タイプは、プラグ挿入方向は正しいままで反対側の基板サイトに取り付けることができます。この機能は、嵌合インタフェースを切り替えることで実現できます。逆マウントは、標準逆タイプ (オンボード) と逆ミッド マウント タイプの両方が用意されています。 

標準マウント
標準マウント
ミッド マウント
ミッド マウント
逆マウント
逆マウント
TE Connectivity
フランジ Micro USB とフランジレス Micro USB

フランジ付きの Micro USB (オレンジ色の丸印) とフランジレス リセプタクル

フランジあり

Micro USB コネクタの外観

フランジ付きの Micro USB コネクタでは、コネクタと電話カバーの間にギャップができます。このギャップからダストが侵入するため、美的観点からは望ましくありません。

ギャップのあるタイプ AB
フランジ付きのタイプ AB リセプタクル。ギャップを赤色で表示。
ギャップのあるタイプ B
フランジ付きのタイプ B リセプタクル。ギャップを赤色で表示。

フランジレス

Micro USB コネクタの外観

フランジレス Micro USB コネクタは、カバーと組み合わせることをお勧めします。フランジの機能はシェルによってピックアップされます。 

ギャップのないタイプ AB
フランジレスのタイプ AB リセプタクル。ギャップなし。
ギャップのないタイプ B
フランジレスのタイプ B リセプタクル。ギャップなし。
TE Connectivity (TE)

シーリング

デバイスの保護の強化

デバイス カバーへの軸シーリングまたはラジアル シーリングが可能です。カバーの外側全体に防滴シーリング材が施されています。防水シーリングを適用することもできます。

密閉型ハウジング
ハウジング シーリングによってシールドのすべての穴が閉じられます。
はんだ付け
固定するために SMD または DIP はんだ付けを適用できます。
TE Connectivity (TE)