AMPACT

効率性および信頼性をもたらす設計

TE Connectivity (TE) の AMP ユーティリティ コネクタは、「楔入圧技術」という技術的原則に従って設計されています。現場での 57 年以上にわたる実績を誇るこの技術によって、ライフサイクル コストを抑えたコネクタの製造が可能となりました。従来の圧縮/ボルト止めコネクタに付き物の物理的・電気的制約の解消に役立つよう設計されたこの製品は、コネクタと胴体表面の接触率を最大限に高めて、金属表面の酸化にまつわる問題を解消しています。熱膨張や「クリープ」を相殺しながら、接続箇所にかかる力をコネクタの寿命を通して一定に保つことができる、シンプルで失敗のないコネクタ据え付け方法を実現しました。

AMPACT HHT
補強材
AMPACT 工具
AMPACT カートリッジ