この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

TruBlue 285 CT データ ロガーはバッテリーで動作し、その材料に 316 ステンレス スチールまたはチタンを採用して、過酷な条件下でも長期間にわたって稼動するように設計されています。 完全な防水設計と高度な省電力マイクロコンピュータ技術により、5 年以上にわたって伝導率と温度を記録し続けることができます。現場の電源やプログラマブル ロジック コントローラ (PLC) を必要としないので、端子ボックスが不要です。TruBlue 285 CT データ ロガーは、信頼性、確度、精度が重要視される用途で伝導率と温度を測定する場合の理想的な選択肢といえます。 

利点

  • 2 年保証
  • 容易なセットアップとデータ取得
  • リアルタイムの機器ステータスとデータ グラフを表示
  • RS-485 または SDI-12 通信インタフェース 

用途

  • 帯水層の特性評価とポンプの試験
  • 塩水侵入の検討
  • 洪水と高潮位の監視
  • 潮位観測
  • 海洋調査
  • 地表水監視
  • 地下水監視

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  水位データ ロガー

  • タイプ  Conductivity

構成の特徴

  • 圧力ポート/フィッティング  ポート付き

  • 電気接続  内部バッテリー

電気的特性

  • 供給電圧 (V) 3.6 内部リチウム バッテリー

ボディの特徴

  • ポートの材質  316 SS, チタン

動作/用途

  • 出力/スパン  RS-485、SDI-12 プロトコル対応, SDI-12

  • 精度  1% of reading or 20μS/cm

  • 使用温度  0 – 50 °C [ 32 – 122 °F ]

その他

  • オプション  拡張補助バッテリー

関連資料

カタログ ページ/データ シート

製品規格

マニュアル/ユーザ ガイド

認証機関承認済み

認証機関書類

契約条件

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。