この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

MP2000 は LVDT・RVDT・ゲージ ヘッドの読み取り値をリアルタイムで表示するだけでなく、MIN・MAX・TIR (Total Indicated Run-out: 振れの公差)・A+B (2 チャネルの合計)・A-B (2 チャネルの差) などの値を表示することもできます 17 ビットのアナログ-デジタル コンバータによって優れた性能と分解能を実現しながら、標準の 9 ピン RS-232 通信インタフェースによって PLC または PC COM ポートに対するシリアル データ出力を提供します。MP-2000 は、ユーザ プログラム可能な光学分離されたオープンコレクタ セットポイント出力を 4 つ備えており、任意の表示パラメータを監視する目的で使用できます。高/低セットポイントは任意の組み合わせを選択できます。また、プログラム可能な高/低ヒステリシス値を使用して「セットポイントの不感帯」を作成し、制御リレーのチャタリングを防ぐことができます。オプションで、リレーあたり 5 A の電流処理能力を持つ「リレー ボード」が用意されており、使用することを強く推奨します。 

特長

  • 大型のバックライト付きデュアル チャネル ディスプレイ
  • メニュー操作によるセットアップとキャリブレーション
  • 100 ~ 240 VAC の商用電源で動作
  • MIN・MAX・TIR・A+B・A-B の各機能
  • 2.5・3.3・5・10 kHz から選択可能な励起周波数
  • アナログおよび RS-232 出力
  • 4 つのユーザ プログラム可能なセットポイント
  • ステータス LED を備えた防沫型フロント パネル
  • ¼ DIN 標準パネル取り付け

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

電気的特性

  • ライン電圧要件 (VAC) 100 – 240

  • 出力のタイプ (VDC) 0 – 10, ±10, ±5

  • 駆動電圧 (Vrms) 1, 3

信号特性

  • ライン電源周波数要件 (Hz) 47 – 63

  • 励起周波数 (kHz) 10, 2.5, 3.3, 5

機械的アタッチメント

  • 取り付け  1/4 DIN パネル マウント

使用条件

  • 使用温度範囲  0 – 55 °C [ 32 – 131 °F ]

動作/用途

  • 校正手順  押しボタン

業界スタンダード

  • デジタル通信  RS-232

その他

  • トランスデューサのタイプ  5 または 6 本ワイヤ付き LVDT または RVDT

  • トランスデューサ チャネル  2

  • ディスプレイ  LCD

関連資料

カタログ ページ/データ シート

製品規格

マニュアル/ユーザ ガイド

契約条件

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。