この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

LMM-H03 空気流量センサは、高い信頼性が要求される、医療分野や産業分野における気体流量の測定用途に特化されています。 流動媒体の中に直接取り付けられた LMM-H03 は、精密に熱伝達を検知します。この熱伝達の状況は、微細加工が施され、センシング素子の形状を規定しているセラミック基板上に配置された、シリコン デバイスによって検知されます。LMM-H03 の機能原理は、熱線流速計の薄膜バージョンである熱膜流速計によるものです。薄膜型の加熱素子 (ヒーター) が、空気に対して所定の温度差になるまで加熱されます。流量ゼロでは、空気の熱伝導率によって熱損失が生じます。流れが加えられると、流速に対して一定の割合で熱損失が増大します。センシング素子は定電流および定電圧モードでの動作にも対応していますが、LMM-H03 はこの定温度差 (CTD: Constant Temperature Difference) モードでご使用になることを推奨します。CTD モードでは、電子部品が熱平衡の変化を迅速に検知して、ヒーターによって電力設定を調整する形で補償を行います。これによって、ミリ秒オーダーというごく短い時定数で、きわめて信頼性の高い流量測定が可能になります。

利点

  • 熱膜流速計コンポーネント
  • 高い信頼性と長期にわたる安定性を提供
  • 双方向の空気流量を測定
  • 迅速な応答時間
  • ISO TS16949 に準拠して製造
  • 様々な流路形状に対応可能
  • ほぼあらゆる種類の気体や揮発性物質に使用可能

用途

  • エンジン制御
  • 産業用途の空気流量測定
  • 圧縮空気システムにおける漏出を検知
  • 肺活量計

FAQ

よくある質問

空気流量センサはどのように医療用途で使用されていますか?

空気流量センサは、持続的気道内陽圧 (CPAP) デバイスなどの用途でシステムに流入する酸素のレベルを測定し、十分な空気供給を提供するように設計されています。  これらのセンサとその他の技術がどのように  CPAP 機器に組み込まれているかをご覧ください。

 

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 製品タイプ  Bidirectional

寸法

  • 寸法 MM  23 x 10.15 x 1.1

使用条件

  • 使用温度  -40 – 125 °C [ -40 – 257 °F ]

実装の特徴

  • パッケージ  Hybrid

その他

  • 校正/精度  電子機器に依存

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。