製品
ストーリー
鉄道線路プロジェクト フランス: ドロッパ

ケース スタディ

革新的な接続ドロッパ

ある国際的な鉄道会社が高い信頼性と鉄道路線のスピードを保証する機械的、電気的に優れた性能の接続ソリューションを必要としたとき、TE はカスタム メイドのドロッパと専用の取付けツールの設計でそのご要望にお応えしました。

課題

全体的な鉄道システム性能の向上

1981 年以来、フランス国有鉄道 (SNCF) は高速鉄道路線の開発と構築のパイオニアです。 

ドロッパはカテナリ式架線の重要なコネクタであるため、全体的な鉄道システム性能の中でも根本的な役割を担っています。 

SNCF がそれまで使用していたドロッパは、上部と下部の部品が関節接合されていたため、機械的挙動は優れていましたが、関節接合によってドロッパの電気的性能が十分ではありませんでした。この吊架線とトロリ線の間の電気接点損失を打開するため、200 m (最大) ごとに放電接続が敷設されました。 放電接続の余分な重量により局部的にトロリ線に弛みが生じ、それによって列車の速度に限界が生じていました。

SNCF は、信頼性と鉄道路線のスピードを向上するため、高度な電気的性能を供給しながら優れた機械的挙動を保証するドロッパを求めていました。

 

ソリューション

カスタム ドロッパ

SNCF と TE のエンジニアリング チームは、電気的性能が低下することなく高度な機械的挙動を保証する革新的なソリューションを求めて協力しました。 

そして、ネジもボルトも使わずに、機械的性能と電気的性能の両面に優れたドロッパを設計しました。

高度な電気的挙動を保証するため、ドロッパは上部と下部で接合されたままです。吊架線とトロリ線間の電気接点を継続的に維持するため、上部と下部の両方にバインド用ケーブルが加えられました。 

 

さらに、新しい革新的なドロッパの取付けを容易にする SIMAGRIF という専用ツールが開発されました。 

「特殊な領域においても TE はその実力を証明しました。革新的なソリューションによって、重要な鉄道部品のサプライヤであることが明確に位置付けられています」。

220,000

現在使用中の型番数

1996

TE のドロッパが SNCF に公認された年

147,000

2014 年 ~ 2016 年の間に取付けられたドロッパの数

成果

お客様の要望に応じたカスタム ソリューション

高速鉄道路線の開発と構築における世界のパイオニアである SNCF は、高い信頼性と鉄道路線のスピードを確保する必要に迫られていました。

要求の厳しい鉄道用途向け製品の開発と供給に長年積重ねた専門知識と経験を持つ TE Connectivity は、この新しいドロッパと専用ツールを考案し、テストを重ね、製造へと導きました。 

 

Simel ドロッパはこれまで 20 年以上にわたって現場に取付けられており、その高い性能は今も変わりません。 

 

関連資料
鉄道線路プロジェクト フランス: ドロッパ

ケース スタディ

革新的な接続ドロッパ

ある国際的な鉄道会社が高い信頼性と鉄道路線のスピードを保証する機械的、電気的に優れた性能の接続ソリューションを必要としたとき、TE はカスタム メイドのドロッパと専用の取付けツールの設計でそのご要望にお応えしました。

課題

全体的な鉄道システム性能の向上

1981 年以来、フランス国有鉄道 (SNCF) は高速鉄道路線の開発と構築のパイオニアです。 

ドロッパはカテナリ式架線の重要なコネクタであるため、全体的な鉄道システム性能の中でも根本的な役割を担っています。 

SNCF がそれまで使用していたドロッパは、上部と下部の部品が関節接合されていたため、機械的挙動は優れていましたが、関節接合によってドロッパの電気的性能が十分ではありませんでした。この吊架線とトロリ線の間の電気接点損失を打開するため、200 m (最大) ごとに放電接続が敷設されました。 放電接続の余分な重量により局部的にトロリ線に弛みが生じ、それによって列車の速度に限界が生じていました。

SNCF は、信頼性と鉄道路線のスピードを向上するため、高度な電気的性能を供給しながら優れた機械的挙動を保証するドロッパを求めていました。

 

ソリューション

カスタム ドロッパ

SNCF と TE のエンジニアリング チームは、電気的性能が低下することなく高度な機械的挙動を保証する革新的なソリューションを求めて協力しました。 

そして、ネジもボルトも使わずに、機械的性能と電気的性能の両面に優れたドロッパを設計しました。

高度な電気的挙動を保証するため、ドロッパは上部と下部で接合されたままです。吊架線とトロリ線間の電気接点を継続的に維持するため、上部と下部の両方にバインド用ケーブルが加えられました。 

 

さらに、新しい革新的なドロッパの取付けを容易にする SIMAGRIF という専用ツールが開発されました。 

「特殊な領域においても TE はその実力を証明しました。革新的なソリューションによって、重要な鉄道部品のサプライヤであることが明確に位置付けられています」。

220,000

現在使用中の型番数

1996

TE のドロッパが SNCF に公認された年

147,000

2014 年 ~ 2016 年の間に取付けられたドロッパの数

成果

お客様の要望に応じたカスタム ソリューション

高速鉄道路線の開発と構築における世界のパイオニアである SNCF は、高い信頼性と鉄道路線のスピードを確保する必要に迫られていました。

要求の厳しい鉄道用途向け製品の開発と供給に長年積重ねた専門知識と経験を持つ TE Connectivity は、この新しいドロッパと専用ツールを考案し、テストを重ね、製造へと導きました。 

 

Simel ドロッパはこれまで 20 年以上にわたって現場に取付けられており、その高い性能は今も変わりません。