マルチ端子同軸コネクタと VITA 規格

要約

軍用および航空宇宙用途の電子回路実装の成長傾向は、マルチ端子同軸相互接続を利用できるようになったことにあります。キー ドライバは、バックプレーン/ドーターカード インタフェースで RF 切断機能を提供する目的のものです。これにより、フロント パネル (ドーターカード上面) のケーブルが必要なくなり、取付および取外しが簡単になります。代わりに、マルチ端子モジュールにより、端子の取付または取外しを同時にバックプレーン/ドーターカード インタフェースでできるようになります。このため、フロント パネルのスペースが保たれ、据え付け、修理、アップグレード時などのカードの取付および取り外しが容易になります。

たとえば、VITA 49 は、無線のアナログとデジタルのセクション間のインタフェースを定義します。ドーターカードとバックプレーンのインタフェースは、2 つのセクションを分ける妥当なポイントをマークします。デジタル信号処理などのデジタル機能は、バックプレーン上で実行できます。アナログ機能はドーターカードで実行され、ドーターカードは異なる周波数スペクトルなどに対応するように簡単に交換できます。これには、RF インタフェースを簡単に管理し取り外す必要があります。 『Connector Supplier』(2014 年 3 月号) からの引用

マルチ端子同軸コネクタと VITA 規格

要約

軍用および航空宇宙用途の電子回路実装の成長傾向は、マルチ端子同軸相互接続を利用できるようになったことにあります。キー ドライバは、バックプレーン/ドーターカード インタフェースで RF 切断機能を提供する目的のものです。これにより、フロント パネル (ドーターカード上面) のケーブルが必要なくなり、取付および取外しが簡単になります。代わりに、マルチ端子モジュールにより、端子の取付または取外しを同時にバックプレーン/ドーターカード インタフェースでできるようになります。このため、フロント パネルのスペースが保たれ、据え付け、修理、アップグレード時などのカードの取付および取り外しが容易になります。

たとえば、VITA 49 は、無線のアナログとデジタルのセクション間のインタフェースを定義します。ドーターカードとバックプレーンのインタフェースは、2 つのセクションを分ける妥当なポイントをマークします。デジタル信号処理などのデジタル機能は、バックプレーン上で実行できます。アナログ機能はドーターカードで実行され、ドーターカードは異なる周波数スペクトルなどに対応するように簡単に交換できます。これには、RF インタフェースを簡単に管理し取り外す必要があります。 『Connector Supplier』(2014 年 3 月号) からの引用