代替バックプレーン アーキテクチャにおける NRZ およびマルチレベル変調の研究

要約

従来のバックプレーンでも、最先端の技術を使用すれば 25 Gbps で動作できることが一般に認知されています。このような最先端の技術として、洗練された等化処理、マルチレベル変調、forward error correctionのほか、高品質な誘電体材料とコネクタの使用があります。現在、信号の完全性に携わるエンジニアが検討している課題は、25 Gbps を超えるリンク速度を電気アーキテクチャで実現できるのか、または光学ソリューションに移行する必要があるのかという点です。このペーパでは、従来の銅バックプレーン アーキテクチャとその代替策を検討し、さまざまなリンクごとに 25 Gbps を超えてどのくらいの速度まで対応できるのかを見極めます。ここで検討対象とするアーキテクチャは、標準的なバックプレーン リンク、より短いミッドプレーン直交システム、および低損失ケーブルのそれぞれによるソリューションです。すべてのチャネルで既存のコンポーネントを使用していますが、可能な限りの高速で電気信号をプッシュ伝送できるように、シミュレーションでは高度な信号回復技術を採用しています。

代替バックプレーン アーキテクチャにおける NRZ およびマルチレベル変調の研究

要約

従来のバックプレーンでも、最先端の技術を使用すれば 25 Gbps で動作できることが一般に認知されています。このような最先端の技術として、洗練された等化処理、マルチレベル変調、forward error correctionのほか、高品質な誘電体材料とコネクタの使用があります。現在、信号の完全性に携わるエンジニアが検討している課題は、25 Gbps を超えるリンク速度を電気アーキテクチャで実現できるのか、または光学ソリューションに移行する必要があるのかという点です。このペーパでは、従来の銅バックプレーン アーキテクチャとその代替策を検討し、さまざまなリンクごとに 25 Gbps を超えてどのくらいの速度まで対応できるのかを見極めます。ここで検討対象とするアーキテクチャは、標準的なバックプレーン リンク、より短いミッドプレーン直交システム、および低損失ケーブルのそれぞれによるソリューションです。すべてのチャネルで既存のコンポーネントを使用していますが、可能な限りの高速で電気信号をプッシュ伝送できるように、シミュレーションでは高度な信号回復技術を採用しています。