ビジョンを実現する

The Road to Autonomous Driving

当社のビジョンは、お客様および業界の技術開発者と協力し合い、自動運転の実現を図るエンドツーエンドの自動車データ接続とセンサ ソリューションを生み出すことです。

ENGINEERING AUTONOMY

トレンド ペーパーをダウンロードする

自動運転への道: ビジョンを実現する

このトレンド ペーパーでは、自動運転に関するトレンドと技術革新、さまざまな自動運転の実用化におけるデータ コネクタ、アンテナ、センサの役割についてご紹介しています。特に、新たな技術の課題とそれを克服するために必要とされる重要な技術について説明します。

7,250 万

2023 年までに世界中で販売されるコネクティッド カーの台数*

15%

2023 年までに完全自動となる車両の全車両に対する割合**

1,550 億ドル

コンシューマ サービス、コネクティッド カー パッケージ、供給サイドの技術で構成される業界の規模***

自立性のレベル構築

ビジョンを実現する

世界の自動車業界が自動運転のビジョンをどのように認識しているかにかかわらず、当社では、信頼できる接続、アンテナ、センサ システムにおける長年の経験を活かし、お客様を支援しています。当社のポートフォリオは、エンドツーエンドの自動車コネクティビティに対応しており、今日の物理層における課題と増大の一途をたどる自動運転の開発に対する要求に取り組んでいます。これらの課題には、リアルタイムで大量のデータを伝送する機能、異種デバイスとチップ プロトコルの統合に必要とされる柔軟性、増え続ける小型化に対する業界の要件、柔軟な実装、安全保障用途に対応する自動車グレードの堅牢性などがあります。

優れた技術、自動車用電気・機械端子、コネクタ、ケーブル アセンブリ製品、センサとアンテナにおける専門知識を携え、当社では車両の域を超えて、自動運転の電力・信号・データの需要を満たす総合的ソリューションを提供する準備を整えています。

自動運転

自動車技術者協会 (SAE) による車両自動化のレベル、2018 年。

自動運転用途の領域

エンドツーエンドの自動車データ接続技術

*出典: Gartner 社

**出典: McKinsey & Company 社

***出典: 米国運輸省国家道路交通安全局