製品
ストーリー
着陸する航空機

ケース スタディ

明日の空港をつなぐ

TE Connectivity (TE) の中電圧ジョイントおよび分離コネクタは、マスカット国際空港の湿度、高塩分、高温の条件がもたらす課題に対応します。

高い完成度のコネクティビティ ソリューション

TE は、過酷な環境向けに設計製造した中電圧ケーブル付属品で構成した高い完成度のコネクティビティ ソリューションの提供、さらに地域の技術サポートと現場トレーニングの実施を通じ、マスカット国際空港の拡張を支援しました。

課題

オマーンのスルタンによって着手されたマスカット国際空港の拡張では、年間 1,200 万人の乗降客を扱う 334,995 平方メートルのターミナルが建設されました。

この新しい施設の電気接続を実現するために、このプロジェクトでエネルギー供給構造を担当したエンジニアから求められたものは、信頼性のある性能を端子に保証すると同時に、湿度、高塩分、高温などの地域特有の過酷な条件に耐えることができる分離コネクタとジョイントでした。

このエンジニア チームは、設置作業の不具合に起因して発生する故障を削減するソリューションも求めていました。

ソリューション

地域の TE チームは、高い性能と信頼性、さらに個々のニーズに応じた長期の耐用年数を実現するオーダーメードのソリューションを設計しました。

  • Raychem プラグイン結線 (RPIT) インナー コーン コネクタ 70 個
  • RPIT 取付工具 2 個
  • アウタ コーン コネクタ 100 個
  • 中電圧ジョイントおよび結線 250 個
     

不適切な取り付けによる故障のリスクを解消するため、TE は地域のチームによる現場トレーニングを実施しました。これにより、取り付けプロセスを監視して、ケーブル付属品が適切に取り付けられたことを確認できました。

83

TE 分離コネクタが提供された変電所の数

50

供給されたケーブルの長さ (km)

60

材料科学およびエンジニアリング分野における経験 (年)

成果

TE は、ケーブル付属品の開発・製造における 60 年以上の実績に基づいて、過酷な環境に特化されたソリューションを設計・提供する能力を実証しました。

電気部品の供給を単一サプライヤに託すことにより、このプロジェクトのフォローアップと組織化はより簡単で確実になりました。

関連資料
着陸する航空機

業界 & ソリューション

明日の空港をつなぐ

TE Connectivity (TE) の中電圧ジョイントおよび分離コネクタは、マスカット国際空港の湿度、高塩分、高温の条件がもたらす課題に対応します。

高い完成度のコネクティビティ ソリューション

TE は、過酷な環境向けに設計製造した中電圧ケーブル付属品で構成した高い完成度のコネクティビティ ソリューションの提供、さらに地域の技術サポートと現場トレーニングの実施を通じ、マスカット国際空港の拡張を支援しました。

課題

オマーンのスルタンによって着手されたマスカット国際空港の拡張では、年間 1,200 万人の乗降客を扱う 334,995 平方メートルのターミナルが建設されました。

この新しい施設の電気接続を実現するために、このプロジェクトでエネルギー供給構造を担当したエンジニアから求められたものは、信頼性のある性能を端子に保証すると同時に、湿度、高塩分、高温などの地域特有の過酷な条件に耐えることができる分離コネクタとジョイントでした。

このエンジニア チームは、設置作業の不具合に起因して発生する故障を削減するソリューションも求めていました。

ソリューション

地域の TE チームは、高い性能と信頼性、さらに個々のニーズに応じた長期の耐用年数を実現するオーダーメードのソリューションを設計しました。

  • Raychem プラグイン結線 (RPIT) インナー コーン コネクタ 70 個
  • RPIT 取付工具 2 個
  • アウタ コーン コネクタ 100 個
  • 中電圧ジョイントおよび結線 250 個
     

不適切な取り付けによる故障のリスクを解消するため、TE は地域のチームによる現場トレーニングを実施しました。これにより、取り付けプロセスを監視して、ケーブル付属品が適切に取り付けられたことを確認できました。

83

TE 分離コネクタが提供された変電所の数

50

供給されたケーブルの長さ (km)

60

材料科学およびエンジニアリング分野における経験 (年)

成果

TE は、ケーブル付属品の開発・製造における 60 年以上の実績に基づいて、過酷な環境に特化されたソリューションを設計・提供する能力を実証しました。

電気部品の供給を単一サプライヤに託すことにより、このプロジェクトのフォローアップと組織化はより簡単で確実になりました。