商用プロトコルおよび航空宇宙用ケーブル配線: 最適な製品の選定

要約

航空宇宙用途では、特殊なニーズに対して規格のバランスをとるうえで商用プロトコルが課題となります。物理層では、ギガビットおよび 10 ギガビット イーサネット、USB、IEEE 1394 などで使用するケーブルが、そのようなバランスの問題の主な例といえます。このようなプロトコルの規格では、ケーブルに対する電気的および構造的な要件が詳細に決められています。規格の目的としては、その用途での接続に確実に使用できるように、十分な特異性を持つケーブルの特性を取り決めることが挙げられます。
商用の用途では、このアプローチでまったく問題ありません。ただし航空宇宙用途では、このような便利なプラグアンドプレイのアプローチについて再検討することになります。設計で求められる主な要件は、航空機内のあらゆる場面でサイズと重量を低減することです。航空機の操縦と乗客サービスのどちらでもデータ量が大幅に増加しているため、データの伝送に必要な導線の数も増加しています。集合接続では、商用ケーブルがサイズと重量の低減という点で魅力的なターゲットとなります。同時に、業界標準のケーブルは目的の機械的または環境的な性能を持ち合わせていない場合があり、特に閉じられた空間で安全な出口を確保するのが困難または不可能な状況で、低い煙排出量、毒性、燃焼性が求められる厳しい条件では顕著です。『Design News』(2014 年 8 月号) からの引用

商用プロトコルおよび航空宇宙用ケーブル配線: 最適な製品の選定

要約

航空宇宙用途では、特殊なニーズに対して規格のバランスをとるうえで商用プロトコルが課題となります。物理層では、ギガビットおよび 10 ギガビット イーサネット、USB、IEEE 1394 などで使用するケーブルが、そのようなバランスの問題の主な例といえます。このようなプロトコルの規格では、ケーブルに対する電気的および構造的な要件が詳細に決められています。規格の目的としては、その用途での接続に確実に使用できるように、十分な特異性を持つケーブルの特性を取り決めることが挙げられます。
商用の用途では、このアプローチでまったく問題ありません。ただし航空宇宙用途では、このような便利なプラグアンドプレイのアプローチについて再検討することになります。設計で求められる主な要件は、航空機内のあらゆる場面でサイズと重量を低減することです。航空機の操縦と乗客サービスのどちらでもデータ量が大幅に増加しているため、データの伝送に必要な導線の数も増加しています。集合接続では、商用ケーブルがサイズと重量の低減という点で魅力的なターゲットとなります。同時に、業界標準のケーブルは目的の機械的または環境的な性能を持ち合わせていない場合があり、特に閉じられた空間で安全な出口を確保するのが困難または不可能な状況で、低い煙排出量、毒性、燃焼性が求められる厳しい条件では顕著です。『Design News』(2014 年 8 月号) からの引用