TE 新製品: トランスミッション回転センサ (TRS) | ドライブ モード センサ

トランスミッション回転センサ (TRS) | ドライブ モード センサ

トランスミッション回転センサ (TRS) | ドライブ モード センサ

TE Connectivity は新しいドライブ モード センサを発表します。ドライブ モード センサは、オートマチック トランスミッションのドライブ シャフト位置を検知して運転効率と快適性をサポートする非接触センサです。

October 18, 2016

接続およびセンサ ソリューションの世界的リーダーである TE Connectivity (TE) は本日、マグネットを内蔵した新しいトランスミッション回転センサ (TRS) を発表しました。非接触センサは、ドライブ シャフトの現在の位置に関する重要な情報を提供して、発進・停止などの運転効率と快適性に関係する機能に必要とされるオートマチック トランスミッションの有効なドライブ モードを確認します。

ドライブ シャフトの先端に取り付けられているセンサのロータに内蔵されたマグネットによって磁界が生じます。ドライブ シャフトが ± 50 度の揺動運動 (最大 359 度) で回転すると、プリント基板の 3D ホール センサが磁界の変化に反応します。製品の全寿命を通して TRS の精度は 1% です。

堅牢な高耐久性のセンサは、1 ms ~ 10 ms の更新時間で 1 mV あたり12 ビットの分解能を提供します (プログラム可能)。出力オプションには、アナログ、デジタル (SENT)、PSI 5 低電流バージョン、PWM (100 Hz ~ 1 kHz) などが含まれます。TRS には 12 V の自動車規格基板正味電圧または 5 V の 10 mA 電流を供給できます。自動車安全性要求レベル (ASIL) B に認定され、- 40°C ~ 150°C の動作温度範囲に設計されています。

TE Global Sensors 部門担当上級マネージャの Michael Ludwig は、次のように述べています。「当社の新しいトランスミッション回転センサにより、トランスミッション用途に最適な非接触測定が実現します。センサは信頼性が高く、費用対効果に優れたソリューションです。測定はダイ キャスト ハウジングを通じて行われ、完全にカプセル化されたセンサのエレメントはどのようなトランスミッション液に対しても優れた油密性を備えています。」

TE 製品は、代替パワー システムからインフォテインメントやセンサ技術に至るまで、自動車のさまざまな電子機能につながりをもたらします。
 

TE について

TE Connectivity (NYSE: TEL)は接続技術において世界をリードする年間売上120億米ドルのグローバルカンパニーです。TEのイノベーションへの強い情熱は、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションから スマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。あらゆる分野に広がるTEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、過酷な環境下でも機能が立証されており、より安全で環境に優しくスマートで、より一層つながる世界の創出に貢献しています。7,000名を超える設計エンジニアを含む約7万5千名の従業員を擁するTE Connectivityは、世界150カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。 タイコエレクトロニクスジャパン合同会社は、TE Connectivityの日本法人です– www.TE.com.

詳細を表示

免責事項

TE Connectivity (TE) は、掲載されている情報の正確性を確保するためにあらゆる合理的な努力を払っていますが、誤りが含まれていないことを保証するものではありません。また、この情報が正確で正しく、信頼できる最新のものであることについて、一切の表明、保証、約束を行いません。TE Connectivity は、ここに記載されている情報をいつでも通知なく修正する権利を留保します。TE は、ここに掲載されている情報に関するすべての黙示的保証を明示的に否認します。これには、あらゆる商品性の黙示的保証、または特定の目的に対する適合性が含まれますが、これらに限定されるものではありません。ここに記載されている寸法は参照のみを目的としたものであり、通知なく変更される場合があります。仕様は通知なく変更される場合があります。最新の寸法と設計仕様については、TE にお問い合わせください。