t

トレンド

スマート モビリティへの
長期的展望

最新の都市化傾向によると、都市部の人口は 2050 年までに 全人口の70% に達すると予測されています。これら都市部に既存の接続技術を導入することで、スマートシティの主要な予測因子であるヒトとモノのモビリティを最適化できます。

AUTHOR

Benjamin Nelson、ビジネス開発マネージャ、インテリジェント ビルディング

世界中の自治体が交通の流れの最適化、複合一貫輸送システムの構築、既存インフラによるインタラクティブ システムの開発に取り組んでいます。 この種の改善は、車の排ガスや工場からの排煙の減少、自治体費用の低減、良好な住民サービスによる生活の質の向上 (選択肢の増加) などの大きな利点をもたらし、インフラとの情報通信能力を向上させます (道路のくぼみや落書きの通報、天気や事故のお知らせ)。理論的には、これらはすべてすばらしいことのように思えます。しかし、実際的な実現について考えたとき、「何が解決すべき重大な問題なのか」という重要な問いに直面します。可能な解決策は社会・経済・環境要因にどのような影響を与えるでしょうか?どのようにすれば、これらの戦略の効果を最大限に高めることができるでしょうか?

各都市が直面している個々の課題は、都市景観を向上させる独自の解決策を見出す機会を与えます。

米国のある都市の例を見てみましょう。 オハイオ州の州都コロンバスでは、乳児死亡率が米国の他の都市よりもはるかに高い割合で増加していました。データを分析した結果、公共交通機関を利用している妊婦が出産前の通院に苦労していることがわかりました。そのため、多くの妊婦が通院をやめていました。問題を特定した後、市ではスマートシティ戦略の一環として、妊婦が通院のために公共交通機関を利用できるようにするシステムを構築しました。このシステムのおかげで、失業者の減少や観光客、若者、高齢者のモビリティの向上などの副次的な効果も得られました。

スマートシティ戦略は、高齢住民が自律車両を予約して病院に通院できるという未来を想像させます。 このようなサービスがあれば、混雑した公共交通機関に乗車できない人でも専用車両で安全に移動でき、自分一人だけで旅をするという困難にも挑戦できます。人々は費用対効果の高いいくつかの交通手段の中から好きなものを選ぶことができ、モビリティの向上につながります。また、公共交通機関とは異なり、たとえば病院から帰宅する途中で薬局に立ち寄るなど、他の用事と組み合わせて予定を立てることもできます。この種の利便性が実現可能である理由は、複合一貫輸送戦略は代替モビリティの柔軟性が高く、どのような状況にも対応できるためです。

  1. TEのイノベーション : モビリティの未来を設計する

TE Connectivity は rLoop チームにセンサ、コネクタ、テクノロジーを提供することで、時速約1,200kmで疾走する未来のトランスポーテーションのイノベーションに貢献しています。(英語版ビデオ)

  • スマート メータリング (英語)

  • 鉄道ソリューションの開発 (英語)

  • 電化鉄道向けのソリューション (英語)

スマートシティ戦略は、住民の生活の質を向上するだけでなく、自治体によるリアルタイム データの活用も可能にします。 これにより、複数の自治体部署が迅速に連携して重要な問題 (たとえば、大規模イベントの開催時、ラッシュアワー、悪天候時の交通流の調整と最適化など) に対処できます。基幹システム運営のために策定されたスマートシティ戦略に基づいてデータ、電力、信号を収集・伝送する能力は、都市にとって重要な価値を生み出すとともに、公衆安全に欠かせない輸送交通、電気・ガス・水道、その他主要システムの保全スケジュールをうまく管理できるという利点もあります。

スマートシティ戦略を導入したからといって、自治体のプロジェクトが市の予算を使い果たすわけではありません。 コロンバスでは、既存のインフラを使用すること、新しい建設に投資する前に良質なデータを可能な限り収集することに重点を置いて、住民のモビリティに対する新しいソリューションを作り上げました。スマートシティ戦略を実現する際、自治体はデータの価値を最適化することが良好なソリューションにつながることをいち早く学びます。ただし、実現方法の複雑さは一定ではなく、都市のレイアウトによって結果は左右される可能性があります。 

このような難しさはあるものの、スマートシティ戦略は都市の生活にさまざまな革新をもたらす可能性があります。 たとえば、バス経路の改善により、住民は簡単に移動の計画を立てることができます。動作感知式の街路灯は消費電力が低く、必要なときに必要な場所の安全性を高めます。また、スマートシティ戦略を自転車や車のシェアリング政策に拡大し、車両がいつどこで使用できるかを住民が簡単にわかるようにすることで、シェアリングを促進することもできます。さらに、自律車両の走行をスムーズにする自律道路システムも考えられます。これが実現すれば、道路がより安全になり、2 地点間輸送のための交通量も減少します。このような自律道路に自転車走行レーンや歩道を併設すると交通の流れがさらに改善します。スマート停止信号や経路管理戦略によって自律道路を制御することも可能です。また、ローカルの鉄道や地下鉄網をスマートシティ戦略に取り込むこともできます。そうすれば、都市部の道路を渋滞させる車の数が減少し、使用されなくなった道を緑地や交通センターなどの他の用途に転用できます。各都市が直面している個々の課題は、都市景観を向上させる独自の解決策を見出す機会を与えます。

成長可能な都市

スマートシティ戦略に多面的にアプローチすることで、何に投資すれば最終的に全住民の利益となる安全で環境に優しい効率的なシステムが得られるかを見極めることができます。スマートシティにおいて長期的な成長と持続性をもたらす最大の成功予測因子は、ヒトとモノのモビリティです。