スマートシティ戦略

トレンド

スマートシティ戦略

接続コストの低下により、自治体では公衆通信、電気・ガス・水道の供給、交通のために重要なシステムを統合できるようになりました。この機会を最大限に活用するには、利害関係者がスマートシティを構築するための明確なビジョンを持つ必要があります。

著者

Benjamin Nelson、ビジネス開発マネージャ、インテリジェント ビルディング

スマートシティとネットワーク接続型コミュニティはここ数年でホットな話題になりました。 注目の高まりと接続・センシング技術のコスト低下により、交通、電気・ガス・水道、ビルディングの分野でこの環境に革新的進歩が訪れる気運が高まっています。「スマーシティ」の定義はまだあいまいですが、これら 3 つの分野における接続の価値は明白です。その規模にかかわらず、「スマートシティ戦略」の実現を成功させるには大規模な協力と連携が必要となります。エネルギー効率、運用の最適化、全体的なカストマー エクスペリエンスが大幅に向上するため、その見返りは計り知れません。交通は、先進的な接続ソリューションから恩恵を受ける最も重要な分野の 1 つです。交通の流れ、天気、駐車場、道路状況など、利用可能なデータの種類とその量が増えるにつれて、交通局のシステム性能が向上して交通渋滞が軽減し、移動時間の短縮や炭素排出量の削減につながります。都市の住民は、接続社会の実現によってより良いサービスを受けられるようになります。たとえば、スマートフォンを使ってバスや地下鉄の経路をリアルタイムに追跡できます。バスがいつ到着するかわかるため、紙の運行予定表に印刷された予定到着時刻に沿って旅行の計画を立てる必要はありません。この種のデジタル機能は、目的地に最も早くかつ効率的に到着する方法を判断するのに役立ちます。

接続されたカメラから車のセンサに至るまで、さまざまなソースから得られる絶え間ないデータの流れは...交通パターンを識別し、公共事業計画の際の迂回路を決定するのに役立ちます。

コネックテッドカーでは、車載システムが信号機、街路照明、他の車と通信することで、街中をより効率的に運転できます。 いつ信号が変わるかを車が予測し、代替ルートを提案します。また、事故を報告したり、空きのある駐車場をリアルタイムに表示することもできます。このレベルの接続は歩行者にとっても有益です。道路のくぼみ、散乱したガラスやごみ、その他の交通状況に関する情報を簡単に知ることができます。自治体では、接続されたカメラから車のセンサに至るまで、さまざまなソースから得られる絶え間ないデータの流れを利用して問題を迅速に検出し、対処できます。また、発生した出来事を時系列に沿ってより正確に追跡することも可能となります。特にセンサのデータは、交通局で交通パターンを識別し、公共事業計画の際の迂回路を決定するのに役立ちます。運転者や歩行者の観点から見ると、この種のインテリジェント システムは混雑したエリアを通る際に状況に応じたリアルタイムの情報を提供するツールとなります。道路状況の改善と同様に、電気・ガス・水道会社は接続されたインフラストラクチャを利用して保守整備の必要性を予測できます。たとえば、配電網の故障の初期兆候を検知し、故障が起こる前にその部分を更新できます。また、電力供給を監視、管理して供給経路を変更したり、最先端の代替エネルギー源から追加の電力を注入したりして、リアルタイムの需要を満たすことも可能です。現在の SCADA (Supervisory Control and Data Acquisition) システムには、複雑なシステムに協調的に対応できるような柔軟性はありません。しかし、この能力があることの利点は明白です。スマート グリッドによってこの種の協調的対応ができれば、ダウンタイムが最小限に抑えられ、発生前の故障予測にも貢献します。電力会社では、このリアルタイムに得られたデータを活用することで、使用パターンをより効率的に追跡し、長期的な動作を分析して、発電を最適化できます。また、消費者も家庭の電力使用量を監視しやすくなります。

  1. スマート メータリング (英語)

TE はローレンツ力を革新的な方法で利用して公益事業会社と各家庭の間の双方向通信を可能にしています。

  • 鉄道ソリューションの開発 (英語)

  • オンライン セミナー: 街路照明機器の信頼性を確保する

接続されたシステムは、水道・ガス供給の監視や管理にも役立ちます。 水漏れ・ガス漏れの特定や予防から使用状況の最適化まで、このシステムは水道・ガス会社における使用状況の管理業務を改善し、運用に関する労力や費用を大幅に節減します。配電網と同様に、この種のシステムは費用対効果を高め、漏れや破損を予防するとともに、システムの無駄をなくします。ビルディングも、エネルギー使用を最適化・自動化する技術を接続することによって恩恵が得られる複雑なシステムです。センサを追加すると、エネルギー最適化 (照明や HVAC の効率の向上など) に関する決定を下すうえで重要な情報が得られます。これらのセンシング技術により、ビルディングは居住者のニーズに対応できる柔軟なシステムに変わります。その結果、照明、暖房、その他の環境要素が自動的に調整され、エネルギー効率とシステムの全体的な性能が最大化されます。

センサのデータは電気・ガス・水道会社が整備保守の必要性を予測するのに役立ちます。

センサのデータは電気・ガス・水道会社が整備保守の必要性を予測するのに役立ちます。たとえば、配電網の故障の初期兆候を検知し、故障が起こる前にその部分を更新できます。また、電力供給を監視、管理して供給経路を変更したり、最先端の代替エネルギー源から追加の電力を注入したりして、リアルタイムの需要を満たすことも可能です。

未来への道筋

接続コストの低下により、公衆通信、電気・ガス・水道、交通の分野でこの統合システムの導入が加速していますが、自治体では依然としてこの種のシステムを実現するための大きな課題に直面しています。最も重要な課題は、このようなシステムに投資するには明確なビジョン、継続的な支援、強力なリーダーシップ、十分な初期資本が必要となり、さらにはプロジェクトが完了するまで長年にわたってプロジェクトの勢いを維持しなければならないということです。高度なセンシング・制御技術の導入が困難である背景には、自治体の厳しい予算、サイロ化した行政部門、技術に対する職員の経験不足などの要因があります。この技術の導入を成功させるには、自治体が電気・ガス・水道会社や民間団体を含むすべての利害関係者との強力な協調関係を構築する必要があります。未来への道筋を作る取り組みは、まず計画の主要な部分とそれらがいかにして収束するか – 接続戦略が描き出す要素 – について明確に理解することから始まります。この戦略を変革された公共システムに変えるための鍵は、都市と電気・ガス・水道会社が緊密に連携してそれぞれの目標を達成することにあります。