Industry 4.0 とデジタルプロダクション

技術トレンドに関する TE の見解

グローバル経済の統合と自動化

次なる産業革命の加速。 世界中の産業設備やオフショア プラットフォームで、複雑な生産プロセスの自動化と統合化という大胆な構想が形になろうとしています。メーカーは、柔軟性と効率の改善、予期しないダウンタイムの防止、生産の促進を実現するデジタル技術の統合にますます傾倒しています。Industry 4.0 として知られるこの革新の中心となるのは、相互運用性、信頼性の高い装置間 (M2M) 機能の実現による顧客価値の創出、製造プロセスからの深層学習、そしてロボット システムと無人搬送車 (AGV) など革新的技術の制御改善です。

他の見識を見る

これらの生産分野のコネクティビティ ソリューションに関して TE のエンジニアが作成したトレンド レポートの当社インデックスを参照する。

生産全体でシステムを統合

TE では、インターネット対応スマート工場を実現するコネクティビティおよびセンサ ソリューションの設計と開発を行っています。当社の Ariso 製品ラインは誘導的結合技術を利用して非接触式のコネクティビティを実現します。通常の接続を途絶させることのある、ちりやほこり、振動の心配がありません。当社の Omnigate 製品は、利用可能なデータを収集してクラウドに伝送することでメーカーの既存配線接続のレベルアップをサポートしています。当社の幅広いソリューション ポートフォリオを使用すると、メーカーは、プラットフォーム全体でのデータ共有、メンテナンスの必要性の予測、複雑な反復可能プロセスの自動化、常時接続のオンデマンド調整のできる工場機械や海洋用途向け機器を運用することができます。それによって、大量生産施設はカスタマイズされた製造工場に変わり、海中プラットフォームはリアルタイム探査と生産のネットワークに変わります。

工場機械はコネクティビティ ソリューションによって自動プロセスを実行します。

メーカーは、世界中の産業設備やオフショア プラットフォームで、柔軟性と効率の改善、予期しないダウンタイムの防止、生産の促進を実現するデジタル技術の統合に傾倒しています。

    

メディア掲載

"3 大きな流れによって変化を始めた従来の製造業"
出典: SingularityHub
「産業用 IoT の主要プレーヤである TE Connectivity は、機器とスマート デバイス間でデータを送受信するために使用される多くのビル用センサの 1 つです。TE の製品は、医療からアプライアンス、航空宇宙、防御に至るまであらゆる分野を対象とし、装置間通信を可能にしています」