センサが感知すること - 航空宇宙

2,468 km/h で移動

ロケットは、構造、空気力学、操作の観点から非常に複雑な装置です。TE のロー プロファイル ミニチュア圧力センサは、機体外側面の様々な重要部分に埋め込むことができます。

ロケット打ち上げの際、これらの圧力センサはロケットの表面を流れる空気にさらされます。 打ち上げ速度は極めて速い (マッハ 4 または 3000 mph を超える) ため、ロケットの表面と機体に相当な空気の圧力と力がかかり、極めて過酷な環境となります。当社の圧力センサはこれらの力をモニタし、機体の設計限界内に収まっていることを確認します。このデータは、将来の機体設計をさらに信頼性の高い堅牢かつ安全なものへと導くために活用されます。また当社の圧力センサのデータは、何らかの異常が発生した場合に非常に重要な分析ツールになります。

  1. スマート センサによる航空機の先進化 (英語)

水平尾翼は航空機に使用されているモータの中でも最も複雑なものですが、TE のセンサはその確実な動作に役立っています。当社のセンサが、モータのバックアップ システムの作動時に乗務員やパイロットに警告し、コストのかかるダウンタイム削減に貢献する仕組みをご覧ください。

航空宇宙用センサ用途

長期にわたる開発サイクルと高額な認定費用により、航空宇宙企業は安定性、信頼性、および費用対効果の高いパートナーを見極める必要があります。 TE は世界最大級のコネクティビティ、センサ企業として、設計エンジニアリング グループのネットワークと AS9100 認定センサ製造施設を、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域で運営しています。これらのグループは、Tier 1、2、3 をサポートし、航空宇宙用途向けの重要なセンサ ソリューションを幅広く提供しています。世界中の各地域に設計、製造サービス拠点があるTEは、ITAR フリーの設計を提供でき、またお客様の組み立て施設の近くに製品を供給できます。

推力位置センサ
圧力センサ
サーモカップル プローブ
荷重センサ
品質ポリシー
  • AS/EN 9100
  • ATEX
  • ESA/ESCC 適合
  • NADCAP
  • ISO 14001
  • ISO 9001
  • NASA/GSFC 適合
  • PART21G
  • TS 16949
  • Measuring Instruments Directive 2004/22/EC ANNEX D