RTD プローブ アセンブリ製品

RTD プローブおよびアセンブリ製品

TE Connectivity (TE) の RTD プローブおよびアセンブリ製品は、産業用制御装置、HVAC/冷蔵装置、石油ガス、エネルギ、アプライアンスなど、さまざまな用途と産業における精密かつ安定した測定を目的として設計されています。

製品の特長:

TE の RTD プローブ製品の優れた特長
  • ステータおよびベアリング プローブ、ポイント検知プローブ、空気検知および平均化プローブ、直接浸漬型プローブをはじめとする幅広いセンサ構成
  • 本質安全性および防爆性など、危険区域向けに認可されたセンサ パッケージ
  • ステンレス鋼、ファイバガラス、ポリアミド、セラミック、特殊合金をはじめとする各種材料
  • プラチナ、銅、ニッケルなどを材料とした RTD センサ素子
  • 温度上限 600°C
orange bar
オレンジ色罫線

よくある質問 (FAQ)

Q: RTD とは何ですか?

A: RTD (測温抵抗体) は、温度変化によって内部の抵抗値が変化するセンサです。 センサの温度が上昇すると、抵抗値が大きくなります。  抵抗と温度の相関関係はよく知られており、長期的な再現性を備えています。 

RTD は受動デバイスです。 したがって、RTD 自体は出力しません。 外部電子装置を使用して、低レベルの電流をセンサに流して電圧を発生させることにより、センサの抵抗を測定します。 

詳しくはこちらをご覧ください: RTD の仕組み

Q: プラチナ RTD 素子に異なる抵抗温度係数 (α) 曲線があるのはなぜですか? 

A: 抵抗温度係数 (α) 曲線は、すべてのメーカを対象とした規格を開発する取り組みの一環として、異なる機関と組織団体 (政府機関、業界団体など) により定義されています。その中には、再現可能な曲線を生み出す独自の能力に基づいて、単独のメーカによって開発されたものもあります。 

詳しくはこちらをご覧ください: RTD および熱電対に関するよくある質問 (FAQ)