自動車用ラッチング リレー

双安定リレー: 長期の使用で消費電力を低減

ラッチング リレーは 2 極電気的作動スイッチであり、コイルに電力が供給されていない状態でもいずれかの端子位置を無期限に保持します。システムの消費電力の低減に理想的な選択肢です。非ラッチ型 (単安定) リレーとは対照的に、ラッチング (双安定) リレーはコイルにエネルギの短いパルスを供給するだけでスイッチング状態を変更します。スイッチング状態を維持するために電力を供給し続ける必要はありません。したがって、特に長期にわたってスイッチを入れたままでなければならない用途では、消費電力が大幅に低減されます。

ラッチング リレーには、単安定 (非ラッチ型) リレーに勝る複数の利点があります。 ラッチング リレーのコイルの電力要件が緩和されるということは、温度上昇が低減されるということです。すなわち、同じ周囲温度において、ラッチング リレーは単安定リレーより高い直流を伝導できるということです。ラッチング リレーと単安定リレーが同じ連続電流を通すとすると、ラッチング リレーはより高い周囲温度でも使用できます。加えて、車両のエネルギ消費量と CO2 の排出量は大幅に低減されます。ラッチング リレーは、エンジンがオフのときに作動している用途にも使用されます。これらのリレーは、充電状態が低くなると電源コンセントを切断することでバッテリーを保護することができます。ラッチング リレーには 1 コイル バージョンと 2 コイル バージョンがあります。