スルーホール型抵抗器

電流量を低減する設計

TE では、プラガブル スタイルで最大 40 W にまで対応する多彩な製品を始めとして、ほぼあらゆる技術と実装方式に対応可能なスルーホール型抵抗器を、幅広くご提供しています。当社では定格 3 W の最小サイズから、電力供給に対応可能な製品を取り揃えています。Citec/Holsworthy/Neohm/CGS 抵抗器を始めとする、TE の抵抗器ラインナップをご覧ください。

スルーホール型抵抗器は、屈曲可能な長いリード線を持つ固定抵抗器であり、実験用回路板に固定したり、手作業や流動はんだでプリント基板 (PCB) にはんだ付けしたりできます。 スルーホール型抵抗器はリード抵抗器とも呼ばれ、回路内の電流量を低減するために使われます。スルーホール型抵抗器には、両端にリードがあるアキシャル型、リードが下方を向いているラジアル型、端子を PCB に抜き挿しできるプラガブル型の 3 種類があります。カーボン フィルム アキシャル抵抗器は、最も広く普及しているスルーホール型抵抗器です。 

 

スルーホール型抵抗器には、実験用回路板への実装、プロトタイピングのほか、はんだ付けが不要な用途に適したタイプもありますが、スルーホール型抵抗器の多くは、自動的に PCB に挿入されるタイプです。コンポーネントは弾薬帯のような形で供給され、装置を用いて挿入前にリードのカット、成形を行います。その後、ボード全体が流動はんだ装置に送られ、リードが正しい位置にはんだ付けされます。