6.0mm GRACE INERTIA

6.0mm GRACE INERTIA コネクタ

エラーの起こりにくい中規模の電源系嵌合コネクタ。

現在、TE は 6.0 mm ピッチの GRACE INERTIA コネクタを提供している 最大 10A の電線対基板接続用。中規模の電源系接続に適した、エラーの起こりにくい嵌合ラッチ機能。GRACE INERTIA コネクタの主な利点は、コネクタ ハウジングにおける慣性ロック機構であり、コネクタの半嵌合による製品の不具合が防止される設計になっています。 作業者によりプラグハウジングがヘッダに挿入されるとハウジングロックの先端がヘッダと接触をします。挿入に続き初期ハウジング ラッチ力を超えると、慣性ロック機構によってハウジングが連動して動き、ハウジングと接触面が完全にはめ合わされます。クリック音による完全な嵌合が確認できます。慣性ロック機構は、意図せぬ外力によるロック解除の解消にも役立ち、使用時の接続の信頼性を維持することができます。 

中規模の電源系電線対基板接続:
  • 嵌合前にリセプタクル端子とヘッダ端子の接触が防止される設計になっている
  • 慣性ロック機構によりハウジングがまとめて動き、完全な嵌合を促す
  • 嵌合されると、クリック音が聞こえます。
  • ラッチにより嵌合した半体がまとめて固定される

6.00

mm ピッチ

10

A

2&3

ポジションをご用意

特長

  • ピッチがコンパクトなためコネクタ全体のサイズが小さくなり、プリント基板の貴重なスペースを節約
  • 嵌合保護により、嵌合前のリセプタクル端子とヘッダ端子の間の接触が適切に防止される
  • 慣性ロック設計のため、半嵌合が発生しない

アプリケーション

  • 空調
  • 洗濯機
  • 冷蔵庫
  • コントロール キャビネット
  • 産業機械
  • HVAC システム