2 ウェイ型 HPF 1.2mm コネクタ、背景色白

エンジンおよび高振動用途向けの接続

燃費向上と CO2 排出量削減の推進と、パフォーマンス向上実現の両立というニーズに突き動かされた結果、次世代の乗用車用内燃エンジンは、小型化やパワーおよびエンジン速度 (RPM) の向上に重点を置いたものとなっています。しかし、これら新型エンジンの振動挙動が向上するということは、エンジン ベイ内の電子コンポーネントを接続する電気コネクタに対して、従来こうした用途で利用されてきた標準的なコネクタでは対処しきれない、新たなレベルの耐振動性が課されるということを意味します。

エンジン ベイ用途では、最高 150°C までの温度と、最高 6 までの振動シビアリティ レベルで動作できる密閉型コネクタが不可欠です。

エンジン ベイ用途の場合、自動車の寿命全体にわたって信頼性を維持できるよう、高度の堅牢性が必要です。つまり、最高 150°C までの温度や最高 6 までの振動シビアリティ レベルでも動作可能で、LV214 など最高水準の厳格さを誇る自動車規格をもクリアする、完全密閉設計が大前提ということになります。

 

厳密に言うと、コネクタや端子においては、接触点の動きや表面損傷を防止する設計が必要不可欠となります。

 

設計時の留意事項:

  • コネクタ接続部におけるコネクタの動きを最小限に
  • 端子の相対運動を防止
  • ケーブルの動きを抑制

 

耐振動性に優れた自動車

高振動用途向けの HPF 1.2 インターコネクション システム

TE Connectivity の HPF 1.2 インターコネクション システムは、小型次世代エンジンの振動プロファイルにまつわる問題を解決するよう設計されています。

HPF 1.2 インターコネクション システムは、1.2 mm × 0.6 mm のタブに対応しています。接触点の振動によって発生する、微細な動きを防止するよう設計されています。端子ボディの他の部分から接触領域を機械的に分離させること、また、より強い垂直抗力を接触点に加えることによって、この課題を解決しました。

圧着タイプの接続部は、断面積 0.35 mm2 ~ 1 mm2 のケーブルを接続することを想定して設計されています。「曲折」形状の採用によって、ケーブルを介して軸方向に伝わる微細な動きを最小限に抑えています。

タブ サイズ

1.2 × 0.6 mm

嵌合インタフェース

VDA 1.2 mm (1 列、2 列)

耐振動性

HPF 1.2 コネクタと接続した状態で、SG 6 (LV 214)

端子設計

“曲折” 形状により、外力と動作を最小限に

ワイヤ サイズ

0.35 mm² ~ 1.0 mm²

電流容量

最大 17 A

(外気温 80°C における)

全温度範囲

–40°C / +150°C (銀めっき)

 

型番:

 

2208363-3

HPF 1.2 リセプタクル SWS 銀めっき 0.35 mm2

2208362-3

HPF 1.2 リセプタクル SWS 銀めっき 0.50 mm2

2208360-3

HPF 1.2 リセプタクル SWS 銀めっき 0.75 mm2 ~ 0.50 mm2

端子の適合性

HPF 1.2 LL リセプタクル SWS / タブ 1.2 mm × 0.6 mm

ワイヤ FLR

0.35 mm² ~ 1.0 mm²

シール

IPX9K 準拠

インタフェース

VDA 1.2 mm (1 列、2 列)

耐振動性

(エンジン取り付け状態で)

HPF 1.2 端子と接続した状態で、SG 6 (LV 214)

全温度範囲

標準ハウジングで -40°C / +150°C

(ご要望に応じて、最高 180°C のハウジングにも対応)

定格電圧

最高 48 V – 48 V アーキテクチャにも対応可能

その他

ダブル ロック プレート (CPA) 、端子リテーナー

 

必要に応じて、カスタム レーザー印刷