UFHT ハンド ツール

汎用性および品質保証

CERTI-CRIMP UFHT ハンド ツール (型番 58078-3) は、各種状バラ端子を圧着して、端子の完全な圧着を確認するために設計されています。固定ダイ (クリンパ)、可動ダイ (アンビル)、ロケータ/ワイヤ ストップ、およびラチェットを備えています。フレーム構成は TETRA-CRIMP ハンド ツールと同じですが、UFHT はフレームのみで販売されています (ダイは交換可能)。バネ荷重式のロケータ/ワイヤ ストップは、端子の位置を決め、被覆除去されたワイヤを端子に挿入する長さを制限します。ラチェットにより端子の完全な圧着が確認され、不適切な位置にある端子またはスプライスの圧着を防ぐことができます。これにより、圧着された端子の優れた電気的性能と引張強度が実現します。

特長

  • フレームのみ (ダイは含まれていません) 
  • TETRA-CRIMP ハンド ツールと同じフレーム構成
  • ダイは交換可能 
  • ラチェットおよびラチェット リリース機能
  • 調節可能な端子ロケータ
  • 重量: 約 0.64 kg
  1. UFHT の取扱説明ビデオ (日本語)

UFHT CERTI-CRIMP ハンド ツールの使用方法については、この説明ビデオをご覧ください。