K206 切断機

プロセス、制御、精度の柔軟性

K206 および K206S 切断機は、丸形導線、フラット導線、ホース、PVC ストリップ、各種箔、紙、繊維などを切断する装置です。高出力の定格を備え、直径最大 35 mm² までのより線を切断できます。巻き戻し機、マーカ、作業テーブルがすべて統合され、シンプルなシステムに拡張できます。トグル スイッチにより、ワイヤのセットアップは簡単です。この装置は、工具を使用せずに他のプロセス用に変換できます。高速変換時間のこれらのユニットは、処理材料を頻繁に取り換える必要がある場合に最適です。複数の言語が用意されたシンプルなインタフェースにより、2 つのメニュー ボタンでさまざまな機能を使える、まとまったメニュー構成となっています。また、基本データと装置固有の動作データは、パスワードで保護できます。

特長

  • 非常にシンプルな操作
  • 非常に大きな張力と切断力
  • 再現可能なローラ圧と切断力の設定
  • 短い変換時間、工具不要
  • 幅広い付属品
  • 加工範囲内における高度な柔軟性

仕様

特長 K206 切断機 K206S 切断機
長さの範囲

1 mm ~ 99,999 mm

ワイヤの長さに応じて ± 1 mm または ± 0.2%

1 mm ~ 99,999 mm

ワイヤの長さに応じて ± 1 mm または ± 0.2%

ワイヤ断面 0.14 ~ 35 mm² (より線)、AWG 26 ~ 2 0.14 ~ 35 mm² (より線)、AWG 26 ~ 2
管の最大高さ 16 mm 16 mm
菅の最大幅 82 mm 82 mm
事前選択可能な個数選択範囲 1 ~ 99,999 個 1 ~ 99,999 個
ノイズ レベル <70 dB <70 dB
電気的性質 115/230 V ± 10%、50/6 Hz、AC 230 V 115/230 V ± 10%、50/6 Hz、AC 230 V
圧力 4 ~ 6 bar 4 ~ 6 bar
寸法 (W x H x D) 420 x 320 x 390 mm 325 x 320 x 300 mm
重量 約 25 kg 約 20 kg
インタフェース フィード システム対応入力停止
マーカ インタフェース 
ワイヤの取り外し
フィード システム対応入力停止
マーカ インタフェース

用途

  • 丸形導線とフラット導線
  • ホース
  • PVC ストリップ
  • 各種箔
  • 繊維