Gamma 255 リードメーカ装置

ケーブル生産の柔軟性

Gamma 255 は、効率的なワイヤ処理を実現する、柔軟性の高い完全自動の圧着装置です。クリンプ単位の結線からねじり加工、フラックス塗布、スズめっきまで、優れたプロセス制御と最小限の切り替え時間を実現します。品質監視システムとフィード システムが統合された Gamma 255 は、断面 0.0123 mm² (WGA 14) ~ 2.5 mm² (AWG 36 ~ 14) のワイヤを処理します。断面全体は、プログラム可能かつ極めてダイナミックなサーボ ドライブとV 字型ストリッパ ブレードを使用して処理されます。ほぼすべての商用用途に対応しており、わずか 20 mm の両端圧着ワイヤでも処理できます。標準機器の一部として、プレフィーダ、スプライス、ワイヤ端およびノット検出、2 基のワイヤ矯正ユニットが搭載されています。内蔵のプレフィーダは、速い引き込み速度においても、ドラム、コイル、リールから無理なくワイヤ フィードできます。

WPCS

シームレスなネットワーク統合を実現する WPCS インタフェース

3 m

最大速度 3 m/s

20 mm

最小リード長 20 mm

特長

  • 圧着監視システム
  • わずか 20 mm のリード長
  • 一体型ワイヤ フィード システム
  • WPCS ネットワーク インタフェース
  • ほぼすべての商用用途に対応
  • 非常にダイナミックなサーボ ドライブ
  • V 字型ストリッパ ブレード

用途

  • 断面
  • 断面 0.0123 mm² (WGA 14) ~ 2.5 mm² (AWG 36 ~ 14) のワイヤを処理
  • ワイヤの両端圧着
  • ワイヤのねじり加工とスズめっき処理