Alpha 433 リードメーカ

大径ワイヤの安全で効率的な処理

Alpha 433 H リードメーカは、柔軟性の高い完全自動の圧着装置です。断面 0.20 ~16 mm²/AWG 24 ~6 の大径ワイヤを安全に問題なく処理し、単導体だけでなく両端圧着接続加工にも対応するように設計されています。P104 の圧着­プレスは、大型端子の加工に必要な力を提供します。端子は両端圧着が可能で、シールは片端でも挿入できます。

ソフトウェア

オプションのオープン インタフェースである WPCS (ワイヤ処理­通信­­規格) を使用すると、これらの装置を TopWin ソフトウェアでネットワーク化して、既存の生産工程に簡単に統合できます。

 

Topnet は、わかりやすく配置された管理ソフトウェアです。部品、成形品、ジョブを中央で生産・管理するための機能を備え、生産業務を最適化します。TopConvert を使うと、既存のジョブと成形品を WPCS 形式に変換できます。変換されたデータは、全自動圧着装置で直接処理できます。