Gamma 333PC リードメーカ装置

ケーブル生産の柔軟性

TE のリードメーカは、単一より線、ツイスト ワイヤ ペア、両端圧着接続の処理およびハウジング装填用として設計されています。少量のバッチ サイズに対応した、より優れた品質と短い生産サイクルの要求に応えるために設計されており、モジュラ設計の採用、すばやく簡単な段取り替え、品質管理機能の統合などの優れた特長を備え、柔軟性を最大限に高めながらプロセスの信頼性を実現します。2 基の処理システムを備えたコンパクトな装置から、6 基のステーションとダブル グリッパ ユニットを備えた柔軟な全自動リードメーカ、バリエーション豊かなアップグレード可能なリニア移送システムまで、ネットワークに簡単に組み込める幅広いラインナップを取り揃えています。

特長

Alpha 装置および Gamma 装置
  • 多言語対応のユーザー ソフトウェア
  • モジュラ設計
  • 品質管理
  • 全自動
  • すばやく簡単な段取り替え
  1. 端子に適したツールの見つけ方 - アプリケータ (英語)

このビデオは、TE.COM を使用して端子に適したツールを検索する方法をご紹介します。アプリケータの検索の例がこのビデオで説明されています。

用途

ワイヤ処理
  • ケーブル断面
  • ワイヤの両端圧着
  • ワイヤのねじり加工とスズめっき処理
  • 少量バッチ サイズ
  • ジャストインタイム生産
  • 両端圧着接続
  • 複数端子
  • 片端防水シール挿入用途
  • インクジェット マーキング
どの全自動装置も最先端の技術に基づいており、単純な圧着単位の用途から、ハウジング内部の端子からの複雑な挿入処理に至るまで、幅広いワイヤ用途に対応できるように設計されています。
TE のリードメーカ,
カタログ