P300 全自動ピン挿入機

生産性の向上、品質保証

当社の P300 自動装置は、リール巻きプレスフィットやスルーホールのコンポーネントを処理します。スタンドアロン ユニットとして、または SMEMA 規格適合の生産ラインにおいて、サイクル時間とスクラップを低減することによりスループットを向上させます。マルチタスク動作の制御ユニットにより、生産の全行程を通してシステム全体を制御・監視します。オプションの挿入力監視システムを使用すると、適用されたすべてのコンポーネントの検証により、品質が保証されます。

7

最大 7 種類の事前定義された角度

SMEMA

SMEMA 規格適合インタフェース

60

1 分間に最大 60 個のリセプタクル

特長

圧入式およびスルーホール コンポーネント用
  • 最大 400 x 600 mm (15.5 x 23.5 インチ) の基板を処理。ステッパ モータによる X/Y テーブル上での位置決め。
  • 各端子は専用の挿入工具を使用して基板に装着
  • 回転式挿入工具により、最大 7 種類の事前定義された異なる角度でコンポーネントを適用
  • 最大 4 つの挿入ヘッドに対応する「クイック チェンジ」取り付け具により、切り替え時間を短縮
  • 対応するアンビル チェンジャをご用意
  • 専用のクイック チェンジ変換キットにより、生産の柔軟性を実現
  • 専用の挿入工具により、さまざまなリール巻きコンポーネントの適用が可能
  • 各工具セットは、挿入ヘッド (上部ツーリング)、アンビル (下部ツーリング)、製品フィード機構による構成
  • SMEMA 規格適合インタフェース

 

  1. P300 挿入装置 (英語)

P300 は、全自動挿入機でリール供給されたプレス フィット ピンやスルー ホールのコンポーネントを PCB 基板に挿入します。Productonica 2013 で行われた P300 装置のデモンストレーションをご覧ください。

用途

プリント基板 (PCB)
  • リール巻きプレスフィット コンポーネント
  • スルーホール コンポーネント