CMP 6T/12T サーボ プレス マシン

制御と品質を実現する設計

CMP マニュアル サーボ 6T および 12T プレスは、プリント基板にコンプライアント ピン コネクタを挿入するために設計されています。これらの装置には、偏向を最小限に抑える固定 "H" フレームが採用されています。また、エア ベアリング システムが装備され、プレス ヘッドの位置決めを無理なく行うことができます。コネクタのプレス サイクル間に手動でプレス ヘッドや基板を調整することができます。工具やコネクタのデータベース、プレス シーケンス プログラムを使用すると、完全データ主導型のプレス サイクルが実現します。TE および TE 以外の製品に対応した広範な挿入ヘッドが用意されています。装置のオプションには、基板のシリアル番号を迅速に入力できるバーコード スキャナ、プレス ヘッド下の製品の位置決めを支援するエア テーブル、装置の操作性を強化するタッチスクリーン モニタなどがあります。

特長

最大 12 トンのプレス力
  • CMP-6T のプレス力は 6 トン、CMP-12T のプレス力は 12 トン
  • ボードの大きさ: 610 x 915 mm (CMP-6T)、760 x 900 mm (CMP-12T)
  • コンピュータ制御による自動セットアップ、調整不要
  • 速度、高さ、圧力を制御
  • TE および TE 以外の製品に対応した広範囲な挿入ヘッドをご用意
  • 挿入力監視オプション

SPC

プレス力の SPC

H

偏向を最小限に抑える H フレーム

6 トン

CMP-6T のプレス力は 6 トン

装置のオプション

オペレータ支援
  • バーコード スキャナ
  • エア テーブル
  • タッチスクリーン モニタ

用途

  • ピン コネクタ
  • プリント基板 (PCB)