この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

仕様と特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 壁面のタイプ  単一

  • 製品ファミリ  NT-MIL

ボディの特徴

  • 一次製品色 

  • 収縮率  1.75:1

  • 一次製品の材料  塩素化ポリオレフィン

  • 柔軟性  フレキシブル

  • 流体のタイプ  化学薬品/溶剤, 地上車両燃料, 水, 油圧油, 潤滑油, 航空燃料

  • 材質システム コード  20

寸法

  • 伸張時の内径 (最小) (mm) 3.2, 4.8, 6.4, 9.53, 12.7, 15.9, 19.1, 22.2, 25.4, 31.8, 38.1, 44.5, 50.8, 76.2, 101.6

  • 伸張時の内径 (最小) (in) .126, .189, .252, .375, .5, .625, .75, .875, 1, 1.252, 1.5, 1.75, 2, 3, 4

  • 復元時の内径 (最大) (mm) 1.6, 2.6, 3.6, 5.4, 7.3, 9.1, 10.9, 12.8, 14.5, 18.1, 21.8, 25.4, 29, 43.4, 57.9

  • 復元時の内径 (最大) (in) .063, .102, .142, .213, .287, .36, .429, .5, .571, .713, .858, 1, 1.142, 1.709, 2.28

  • 熱収縮チューブのサイズの許容範囲 (mm) 1.6 – 3.2, 2.6 – 4.8, 3.6 – 6.4, 5.4 – 9.53, 7.3 – 12.7, 9.1 – 15.9, 10.9 – 19.1, 12.8 – 22.2, 14.5, 18.1 – 31.8, 21.8 – 38.1, 25.4 – 44.5, 29 – 50.8, 43.4 – 76.2, 57.9 – 102

  • 熱収縮チューブのサイズの許容範囲 (in) .063 – .126, .102 – .189, .142 – .252, .213 – .375, .287 – .5, .36 – 625, .43 – .75, .5 – .875, .57 – 1, .713 – 1.252, .858 – 1.5, 1 – 1.75, 1.142 – 2, 1.709 – 3, 2.28 – 4

  • 復元時の肉厚 (公称) (mm) .66, .84, .89, 1.01, 1.21, 1.32, 1.44, 1.65, 1.78, 2.2, 2.41, 2.71, 2.79, 3.17, 3.55

  • 復元時の肉厚 (公称) (in) .026, .033, .035, .04, .048, .052, .057, .065, .07, .087, .095, .107, .11, .124, .139

使用条件

  • 収縮温度 (最小) (°C) 135

  • 熱収縮チューブの燃焼性  難燃材

  • 使用温度範囲 (°C) -70 – 121

  • 熱収縮チューブの抵抗  摩耗、液体、機械的損傷、ひずみ

  • 復元温度 (°C) 135

  • 流体抵抗  スプラッシュ保護

製品在庫状況

  • 該当地域  ワールドワイド

実装の特徴

  • 実装方法  ピース

その他

  • 低アウトガス要件に適合  いいえ

  • 製品ソース  US

参照番号

  • TE用番号 CAT-R21-T7902417

関連資料

利用できるドキュメントはありません。 

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。