この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

この尿素温度センサは、選択的触媒還元 (SCR) システムに使われている液体尿素の温度測定に使用します。 これは、NOx 排出規制および SCR システムによるコンプライアンス戦略に不可欠な要素です。この排気後処理法は、ディーゼル エンジンの NOx 排出を削減するために使われています。SCR システムは、尿素溶液を排気流の中に注入して NOx 排出の削減を促進します。このセンサは、その他の浸漬用途にも適しています。 

特長

  • 選択的触媒還元 (SCR) システムに使われる液体尿素の温度測定に最適
  • 標準形状のコネクタ
  • 抵抗/温度の曲線範囲に対応
  • 温度範囲 -20ºC ~ +125ºC
  • 高圧に対する耐性 

用途

  • 選択的触媒還元 (SCR) システムに使われる液体尿素の温度測定
  • 閉ループ加圧システム
  • 水タンク用途  

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  浸漬

電気的特性

  • 抵抗 @25°C [KΩ] (kΩ) 10

  • ベータ値 (25/85) (K) 3976

使用条件

  • 使用温度範囲 (°C) -40 – 125

  • 抵抗の参照温度 (°C) 25

  • 温度の精度 (°C) ± 1 (25 ~ 85)

実装の特徴

  • パッケージ  SS ハウジング付きオーバーモールド TPE

その他

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。