この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

ボア対コアの半径方向のクリアランスが 1/16 インチ (1.6 mm) と大きく、取り付け時の不整列公差が十分に取られているため、用途コストが低減します。 高い出力電圧と広い動作周波数範囲を備えた汎用性と信頼性の高い LVDT であるため、最大 300°F (150°C) の環境で安心して正確な測定を実施できます。HR-Z シリーズには ±0.05 インチから ±10 インチのさまざまなストローク レンジが用意されており、オプションでメートル法のねじが切られたコアで構成することもできます。HR-Z シリーズは軽度の放射線耐久性 (1012 NVT の総積中性子束、107 rad のガンマ線) を持ち、包括的な TE の LVDT 信号調整器と互換性を持ちます。当社のほとんどの LVDT と同様に、HR-Z の巻線は特別に配合された高温の可撓性樹脂で真空含浸されており、コイル アセンブリはそのハウジングの中に 2 成分エポキシで絶縁封入されています。これにより、高湿度・振動・衝撃などの過酷な環境から十分に保護されます。 

特長

  • 軽度の放射線耐久性
  • 高い信頼性
  • 大きなコア対ボア クリアランス
  • ±0.05 インチから ±10 インチのストローク レンジ
  • 400 Hz ~ 5 kHz での AC 駆動
  • ステンレス鋼ハウジング
  • ヤードポンド法またはメートル法のねじが切られたコア

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

電気的特性

  • 供給電圧 (V) 3

  • 励起周波数 (Hz) 400 – 5000

  • 電気接続  リード

信号特性

  • 励起周波数 (kHz) .4 – 5

ボディの特徴

  • フォーム ファクター  円筒形

  • スプリング式  セパレート コア, セパレート コア

ハウジングの特徴

  • ハウジングの材料  ステンレス鋼

  • ハウジング直径  20.6 mm [ .812 in ]

使用条件

  • 使用温度  -55 – 150 °C [ -67 – 302 °F ]

  • 環境仕様  耐放射線性

業界スタンダード

  • IP 定格  IP61

  • 業界スタンダード  RoHS

その他

  • 幅広いストローク範囲 (mm) ±1.27, ±101.6, ±12.7, ±127, ±190.5, ±2.54, ±25.4, ±254, ±5.08, ±50.8, ±7.62, ±76.2

  • 幅広いストローク範囲 (in) ±.05, ±.1, ±.2, ±.3, ±.5, ±1, ±10, ±2, ±3, ±4, ±5, ±7.5

  • 線形性 (% of Span) ±.25

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。