この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

概要

絶縁ピアシング コネクタは、アルミニウム製や銅製のより線導体に適合するように作成されています。 コネクタ ボディに埋め込まれている錫めっき処理済み銅製ブレード (P3/P4) は、シーリング材で覆われているため、低電圧架空配電網の電気接触を水から保護します。

ピアシング コネクタのボディは、プラスチックとファイバーガラスで作成されているため、UV 耐性が高いうえに、 機械的特性も良好です。 

単一のトルクが指定された制御ナットが、コネクタの半分を構成する部品どうしを互いに引き寄せて結合します。歯がワイヤの絶縁被覆を貫通すると絶縁が除去され、より線導体どうしが接触します。ボルトは完全に絶縁されているため、活線工法での設置が可能です (ただし要停電)。 

主な特長

  • 広いワイヤ許容範囲
  • 銅線導体を接続可能
  • 防水
  • タップおよびスプライス向けのエンド キャップ
  • 残留圧力が得られるようにボルト 1 本にリング ワッシャを併用
  • トルク制御ナットにより、導体と絶縁体に高い精度で圧力を適用
  • 使用温度: -55° C ~ +55° C
  • 設置温度: -20°C 

絶縁ピアシング コネクタ

当社のすべての絶縁ピアシング コネクタは、欧州規格 HD 626 に準拠して作成された大半の種類のケーブルであれば、絶縁が XLPE、PE、または PVC のいずれであっても適合できるように設計と試験が行われています。これらの製品は、NFC、VDE、BS、ESI、さらに可能な場合は
CENELEC EN 50483-4 などの国際規格に準拠して試験が行われています。

これらの規格には、次のような、最も過酷な環境における動作の信頼性を検証するための試験が含まれます:

  • –20 °C ~ +50 °C での設置を想定した設計、
  • -60°C ~ +60 °C の温度環境での動作、
  • メインおよび末端導体の機械的負荷の制約なし、
  • 各用途 (メイン、サービス、落雷) について、必要な接触力にせん断ヘッドの力が適応、
  • 30 cm 水槽で 6 kV までの電圧に耐用、
  • 過負荷および負荷サイクル後も接触抵抗性と温度が不変、
  • 悪天候 (UV 光、湿度と温度のサイクル) への曝露後も 6 kV に耐用、
  • 塩水噴霧チャンバと高湿度 SO2 ガス チャンバによる金属部品の耐腐食性証明。

優れた設置プロセス

長期的信頼性を実現

  

設置前
設置前
設置中
設置中
設置後
設置後

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • 技術  ピアシング

  • ピアシング (メインおよびタップ)  はい

  • ピアシング ブレード ベースの材質  錫メッキ銅

  • 製品ファミリ  絶縁ピアシング コネクタ

構成の特徴

  • ボルト数  1, 2

電気的特性

  • 電圧クラス (kV) ≤ 1

  • 導体絶縁  XLPE

  • 定格電流 (A) 350, 550

ボディの特徴

  • 重量 (gr/pc) 158, 332, 342

機械的アタッチメント

  • せん断ヘッド制動トルク (Nm) 18

  • せん断ヘッド システム  はい

寸法

  • 導線の許容範囲 (メイン) (mm²) 25 – 120, 25 – 95, 50 – 150, 50 – 150

  • 導線の許容範囲 (タップ) (mm²) 25 – 120, 25 – 95, 50 – 150, 50 – 150

  • せん断ヘッドのサイズ (平坦部) (mm) 13

  • ワイヤ絶縁厚 (最大) (mm) 2

使用条件

  • 設置温度範囲  -20 – 55 °C [ -4 – 131 °F ]

動作/用途

  • 架空  はい

  • 用途のタイプ  メイン間ライン

業界スタンダード

  • 標準参照  EN 50483-4 / NFC 33 020

製品在庫状況

  • 製品在庫状況  ANZPAC, EMEA, アジア, アメリカ, 中国

  • 最小発注数量  25, 50

実装の特徴

  • 最小梱包単位  25, 50

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。