この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

MS5637-30BA は、0.5 mbar の分解能を備え、空気圧測定システム向けに最適化されています。 センサ モジュールには、高線形性圧力センサと超低出力 24 ビット ΔΣ ADC が含まれています (内部係数は工場出荷時にキャリブレーション済み)。圧力と温度は正確な 24 ビット デジタル値で提供され、各種動作モードによって変換速度と電流消費を最適化できます。高分解能の温度出力により、センサを追加せずに圧力測定システムと温度計の機能を実装することができます。MS5637-30BA は、ほぼすべてのマイクロコントローラと通信できます。通信プロトコルはシンプルで、デバイスで内部レジスタをプログラムする必要はありません。耐磁性ステンレス鋼キャップにより、圧力ダイを保護します。この新世代のセンサ モジュールは、業界をリードする MEMS 技術と、過去 10 年間で幅広く採用されている最新の利点に基づいています。これらの利点は、圧力モジュールの大量生産における MEAS Switzerland の実績ある経験とノウハウから導き出されたものです。

特長

  • 高分解能モジュール
  • QFN パッケージ 3 x 3 x 0.9 mm3
  • 供給電圧: 1.5 ~ 3.6 V
  • 最速 0.5 ms の高速変換
  • 低電力、0.6 µA (スタンバイ時は 25°C で 0.1 µA 以下)
  • 一体型デジタル圧力センサ (24 ビット ΔΣ ADC)
  • 動作範囲: 0 ~ 30 bar、-20 ~ +85°C
  • I2C インタフェース
  • 外部コンポーネント不要 (内部オシレータ) 

用途

  • 産業機器
  • タイヤ空気圧モニタ システム (TPMS)
  • コンプレッサ制御

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  デジタル圧力および高度センサ モジュール

  • タイプ  絶対

電気的特性

  • 供給電圧 (V) 1.5 – 3.6

寸法

  • 寸法  3 x 3 x 0.9 mm [ .11 x .11 x 0.03 in ]

使用条件

  • 動作温度  -20 – 85 °C [ -4 – 185 °F ]

動作/用途

  • 出力インタフェース  I²C または SPI

  • 過圧  50 bar

  • 圧力 (mbar) 30000

  • 出力/スパン  24 ビット ADC

  • 精度  ±1.5 mbar

  • 解像度  .2

実装の特徴

  • パッケージ  サーフェス マウント対応

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。